ブログblog

カテゴリー:食べ歩き

東京ラーメンショー2012 この会場での最後の一杯は、中本with池袋KING KONGがプロデュースしたラーメン。これはかの有名な蒙古タンメン中本二代目の白根誠氏と東池袋の大勝軒二代目の飯野敏彦氏がコラボした「辛みそタンタン麺」なのです。

今年の会場は、あっさり味のラーメンが多かったのですが、ここはガッツリ味で真っ向勝負していた数少ない店です。

ご覧のとおり、豚ひき肉がたっぷり入った有名な中本風タンタン麺。濃厚豚骨スープを中本秘伝の味噌ダレと、すりごまでコクのあるスープに仕上げたそうです。

一口すすると予想とは違い、辛さをやや抑えたスープになっており意外にマイルド。それに合わす麺は、太麺に限りなく近い中太麺。ガッツリスープに負けないモチモチ感が印象的で、やはりよく考えられていました。

東京のラーメン店の中でも屈指の二人。その二人がコラボすれば新種のガッツリ味が出来上がることに、当たり前ながら驚かされました。

又、店員さんが素晴らしい!客一人一人に感謝を込めて大きな声で「ありがとうございます!」を連発してました。たくさんあるラーメン店の中で、うちを選んでくれて、という意味なのでしょうね。その気持ちがひしひしと伝わってきました。これはどの商売にも繋がる「初心」だとボクは思うのです。

それにしても社長の白根さん、どう見ても若いころ暴〇族だったんじゃぁ?(笑)でも、その気合いは間違いなく会場一でしたよ!

カテゴリー:食べ歩き

東京ラーメンショー2012 2杯目は、かの有名な、ちばき屋と日本ラーメン協会がタイアップした、銀座鯛干し中華そば塩味です。

このラーメンは、銀座という特別な街に集まる洗練された大人達のためにと、そんなラーメンをイメージして作り上げた1杯だそうです。

会場入りしていきなりの2杯目だったのですが、ボクの腹はまだまだ余裕がありました(笑)ご覧のとおり、あっさりとした塩味になっており、まずはいつものようにスープを一口すすると、鶏ガラでもなく、豚骨でもなく、クセのない上品な香りがしました。まさにそれが鯛干しをベースにした香油スープなのです。ボク好み!

麺は、やや平たい形状の中細ちぢれ。このスープに絡みやすく平打ちちぢれになってるところはさすがですね!この麺もやっぱり表面がつるつるした食感があまりありませんでしたが、それが反対にスープの旨みとバランスよくマッチしてました。

ラーメンの味にも流行り廃りがある中、その原点を忘れない、まさに銀座にふさわしい高級感漂う一杯。ちばき屋さん、日本ラーメン協会さん、よう考えましたね。

カテゴリー:食べ歩き

東京ラーメンショーの会場を訪れて、まず最初に食べたのは、信州麺友会の「幻の王様中華そば」。その日の朝、TVでこのラーメンの紹介をしていたからです。

信州で愛された伝統のこの中華そばは、大人気にも関わらず、たくさんの人々に惜しまれながら閉店した、その町の「王様中華そば」を再現したいという気持ちから信州麺友会が出品したそうです。

ご覧のとおり、オーソドックスな醤油ラーメンなのですが、一口スープをすすると鶏ガラベースで深みのある醤油の中にパンチの効いた黒コショウが味を主張していました。そのスープに合わせた麺は中細ストレート。麺の表面は極端にツルッとしておらず、独特のスープを充分に絡ませる仕組み。表面がツルッとしすぎるとあっさりスープは麺に絡みにくいのです。さすがよく考えています。

また、まな板を使わず斜め切りにした長ネギはスープが染みこみ、甘味が一段と出てラーメンの一番の引き立て役となってました。トッピングもシンプルなのにGoo!

今は無き信州の幻のラーメン店。そこのオヤジさんは自身が65歳になったら商売をやめようと決心していたそうです。それは年中無休の商売の大変さ、人間らしい生活がしたかったからだと、しみじみ言っておられました。同じような経験があるボク自身もよーく気持ちが解ります。

惜しまれながら引退なんて最高だよなぁ(^^)

カテゴリー:食べ歩き

東京ラーメンショー2012に行ってきました。駒沢オリンピック公園中央広場に着いたのは夕方5時半ごろ。辺りはすっかり暗くなってましたが、そこにはラーメン好きの人たちがたくさん集まっていました。

今年は第一幕が10月26日~30日、第二幕が10月31日~11月4日(日)まで開催されています。時間に余裕のある人は最終日まだ間に合いますよ。

その日、会場に着くやいなや、いきなり3杯のラーメンを食べさせて頂きました(笑)報告は後日!

カテゴリー:食べ歩き

またまた東京ネタです!たま~のお上りさんなので(笑)

手打ち蕎麦で超有名な神田まつや。ここは創業が明治17年というから、かれこれ130年ちかくになる老舗です。

ボクが訪れたのはちょうどお昼。以前からどうしても食べてみたい店の一つだったので胸をわくわくさせながら中に入ると、すでにお客でいっぱい。ざっと50人はいただろうか。昔ながらの店内とあって隣とのテーブルや席に仕切りはなく全くのフラット。まさにゴミゴミした昭和の懐かしい雰囲気です。

10分後、待ちに待ったざるそばが混雑しているわりには早く出てきました。見た目とてもシンプルな、これぞざるそば!といった感じ。いざ食べてみると・・・意外や意外、普通だw 北海道産のそば粉使用、割合は二八(そば粉8割、つなぎ2割)しかも手打ちだというのに、二八が逆ではないのか?と思うほど食感がよくない。ボクの錯覚か?いや!一緒に食べた者も同じ感想だと言う。まるで乾麺を茹でたような・・・

前回と同じ、ボク一人がそう感じてもお客の数はスゴイからやっぱり負け犬の遠吠えになってしまいます。それでもネームバリューが高い店だけあってガックリでした。

あれだけ多くのお客の蕎麦を打つのだから、手打ち(製法)が疎かになってるのでは?と考えました。少々観光地化されたところもあるんでしょうね。ボクはあまり批判、中傷はしないタイプですが、今回は神田まつやに本物の手打ち蕎麦で頑張ってもらいたいという気持ちもあって敢えて書かせて頂きましたm(_ _)m

カテゴリー:食べ歩き

またまたラーメンネタです。ホントは最近のラーメンに飽き飽きしていたのですが、特にスープに関しては作り手側がひねり過ぎてラーメン本来の味から遠のいているような気がしてならないのです。

画像は東京渋谷の「神座」。もともとここは大阪道頓堀が発祥なのですが都内にも数店舗あり、以前から気になってたので行ってみたというわけです。

渋谷の道玄坂の一角にあり、店の構えは近代的。中へ入るとカウンター主体で、しかも大勢が座れる大きなもの。ボクはその片隅に一人隠れるように座った・・・心細いお上りさんの心境(笑)

店員さんにお薦めを聞いたら、普通のしょうゆラーメンとのこと。でもご覧のとおり普通ではない。白菜、キャベツが入ってボリューム満点のラーメン。一見してお得感があります。

スープは鶏ガラベースで、上品に鶏油も浮いて香りは抜群!それに野菜の甘みが加わり、麺を食べる前に満足といっても過言ではなかった。いざ麺を食べると・・・なんとスープにぴったりとマッチした多加水中太ちぢれ麺。しっかりとスープを連れてきます。やっぱり評判通りイイ仕事をしてました。

神座は昔ながらの味を大切に、しかも近代的な要素も残しつつ上手にラーメンを作っていました。頑固な職人気質もいいけれど、それだけではダメ!時代に合った商品の提供もする。これは厳しい時代を生き残る秘訣の一つなのですね。勉強になりましたm(_ _)m

カテゴリー:食べ歩き

ここはどこ?私はだれ?・・・という感じ(笑)7月以来の登場です。実はハードディスクが急に壊れてしまったためパソコンをそっくり替え、HPも取り敢えずリニューアルしたというわけです。今後ぼちぼちとブログアップしていこうと思ってます。

新規最初のお店は東京築地の井上です。TV等でも時々登場する超有名店。人気があると聞けば場所を問わず行きたくなるボクなのです。

時は7月下旬の朝10時半。行ってみると、そこにはもうすでに長蛇の列ができていました。さすが築地だなぁと感心しながらラーメンを注文し、待つこと15分。画像のラーメンが出てきました。

その間つくり方をじっくり観察ていたのですが、まず細目の生ラーメン6玉を釜に放り込み、そのあと麺をかきまぜほぐすと思いきや、何もせずにそのまま(普通じゃ考えられん)。麺が釜の中で浮いたまま茹でること約3分・・・ちょっと茹で時間が長いんじゃあ?(笑)

いざ実食!まずスープは旨い。豚骨主体のやや鶏ガラが効いた昔懐かしい昭和の中華そばの味だ。でも麺は・・・予想通り茹ですぎ(笑)チャーシューもメンマもちゃんとしてるのに、肝心の麺があれじゃあな。ほとんどの人が硬めでコシのある麺が好きなはずなのに、時々柔らかな麺を好む人がいるんだよなぁ。ボクとしてはちょっと残念だった。

でもボクが一人でこんなことを言ってても所詮負け犬の遠吠え。外国人団体を含む客の数が井上の人気度を証明していました。

所感・・・人の多いところで商売をすべし(笑)

カテゴリー:食べ歩き

先日、仕事&雑用で名古屋へ行ったとき、以前から気になっていたラーメン屋「半蔵」のラーメン、つけ麺です。ここは名古屋の東の果て(大げさw)名東区は藤が丘駅の近くにあります。

実は、その数日前にTVのバラエティー番組で見た中で、藤が丘駅付近でいちばん評判のよかったのが、この半蔵だったのです。イイと聞けばすぐ行きたくなるのがボクw すぐに動いたがや!

夕方6時ごろ店に入りました。カウンターだけ11席の小さな店ですが全体的にとってもキレイなのです。アルバイトと見られる若者が2人だけで切り回していましたが、その2人の対応が親切、丁寧なこと!そこでまず人気の秘密がわかりました。

まず、ここの一番人気である「えびつけ麺」を注文。TVで見たとおりのものが出てきました。踊る心を抑えながら一口ずず~っと!うんwこれは旨い!スープは評判どおり伊勢エビの香りが、これでもか!としてきます。

麺は何の着色もしてない切り刃10番程度の平打ち麺。早くいうと、きしめんのようです。その平打ち麺がスープの乗り具合をよくする。よう考えてますわ。そうだ!忘れてはかんのがチャーシュー。いちいち炙ってあり、口の中でとろける食感はクセになりそうです。

ついでに(笑)2杯目を!しょうゆラーメンということでしたが、魚介系がしっかりとしたスープがけっこうこってりとしてました。麺は、つけ麺とは違い、低加水の中細ちぢれ。これもやっぱり上手に麺+スープを合わせていました。

とにかく仕事が丁寧、綺麗。店員のレスポンスもOK。藤が丘付近で一番!という評判どおりのラーメン屋さん「麺家 半蔵」でした。

カテゴリー:食べ歩き

ご存知、超有名な六厘舎のつけ麺です。東京本店では毎日異常なほど行列ができたため近隣住民から苦情が相次ぎ、止む無く閉店したほど。

画像は残念ながらお店の中ではなく、戴いた御土産を調理したもの。人気の秘密を探ろうと一所懸命こしらえました。

ご覧のとおり、麺は極太で着色はしてなので白っぽく見えますが予想どおり、つけ麺独特の強いコシは、むしろ硬い食感といった方が近いと思います。その極太麺に合わせるスープは豚骨と魚介系が上手くマッチした香り高い濃い味となってますが、その他フルーツ系の甘さが引き立ち実に旨い!もう1つペースト状になった唐辛子を浮かべるとより一層スープの味がアップするのはビックリ。これじゃぁ行列ができるのも仕方ない!

つけ麺で有名な店はたくさんありますが、ここは是非足を運んでみたい一つなので、近々お登り(笑)を計画してマーケティングを実行して来たいと思っております。

さぁ~勉強だ!

カテゴリー:食べ歩き

ローカルのついでに!田原市は旧渥美地区の小中山町にある料理屋「福正」です。普段の宴会、新年会、忘年会、法事等、幅広く利用されてる地元でも評判は一番といっても良いほど、なかなか好きな日時に予約すら取れない人気店なのです。

画像でも分かるように料理の味はもちろんのこと、その品数も多い!大喰らいのボクでも最後には参ったm(_ _)m と思うくらい。でも料理の一つ一つが旨いので無理にでも食べちゃうんだよな~

地元の伊良湖港に上がった新鮮な魚を始め、揚げたての天ぷらにチリソースをかけて食べるなんざぁ~オシャレですよね。ボクの世代は天ぷらはソースをかけて食べるのがお決まりだもん(笑)

その後、旬の煮魚、寿司、はたまた温かいうどんまでw 極めつけは新鮮なイカを浜焼きにして塩だけで大胆に食べる。これがまた柔らかくて絶品!普通のイカを目の前で焼くだけで豪華料理に思えてしまうところは演出なんですよね~さすがです。

これでまだまだ終わらないのが福正さん。デザートにプリン、ホットコーヒーで〆ます。これには、さすがの酒呑みさんも甘くてもお構いなしに頂いてました(笑)

料理ってもちろん旨さが第一なんですが、器のセンスや盛り付け方、演出も大事なんですよね。それに価格もリーズナブルなので鬼に金棒!福正さんで料理を食べるたびに感心するばかりです。

厳しいこのご時世、上手に商売をされている「福正」の紹介でした。因みにボクは何の利害関係もありませんが(*≧m≦*)ププッ

Go To Top