ブログblog

カテゴリー:ブログ

アレのせいで自由に遊びに出にくいご時世が続きます。しかし!そんなことも気にせずに北海道へと行ってきました。

羽田空港から1時間ちょい、旭川空港に降り立ち、そこで待っててくれた20年来の友人に出迎えられます。右も左も分からんボク(笑)友人に、おんぶに抱っこの旅です。

旭川から車で2時間ほど走り、富良野のファーム富田を見学。季節的に今が一番のラベンダー畑。気候は本州とあまり変わらないように感じましたが、日陰に入ると爽やかです。それでも暑い中(笑)ただただ広く美しいラベンダー畑を見てきましたよ!香りがいい~~ 途中食べたラベンダー入りの薄紫色したソフトクリームも香り抜群で美味かったなぁ。

個人個人がそれなりの注意をしながら行動すれば、旅行も不可能ではありません。早くマスクなしの生活が戻ればと願うばかりです。

カテゴリー:ブログ

いよいよ本格的な夏に突入です。となると!冷やし中華が食べたくなりませんか?(笑)

国産小麦粉だけで丁寧に仕上げた拘りの麺。その麺にベストマッチの弊社オリジナルPB無添加スープを添付した商品 「全粒粉冷やし中華」、「細美人」は今が旬です。特に細美人はこの夏パッケージがリニューアルされました。これまでは私(代表)が主にデザインを手掛けていたのですが、若い・・・まぁ一応若い女子従業員(笑)から「ちょっと待った~」との声がかかり、パッケージデザインをやらせてもらえないかとの要望が入ったのです。私も立場上迷いましたが、この先ちょっとした冒険も大事なことだと悟り、細美人のデザインを一任させました。

スーパー等で買い物をする人は8割以上が女性なので、その女性目線を重視したデザインを心掛けたようです。まぁ今回の物が成功しようと、失敗しようと、それはそれ!割り切りたいと思っています(笑)

おっと!ここでちょっとした情報です。弊社が得意とする無添加スープ。あと数年内にこの無添加という文字、又化学調味料不使用等の表示が禁止される模様です。これはある大手食品メーカーからの圧力があったようなのです。もちろんそのメーカーの名前は言えませんが(笑)そのメーカーの商品にはおそらく化学調味料、添加物等がふんだんに、たっぷり(笑)使われているのでしょうね。

弊社はこれまで同様、できる限り安心安全な商品つくりに精進してまいる所存です。これからも弊社商品をご愛顧くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー:ブログ

豊橋市中岩田町にある、ラーメンいしやま屋に行ってきました。オープンして4年足らずの店ですが、今や飛ぶ鳥を落とす勢い・・・いや、落とし過ぎて辺りに飛んでる鳥がいなくなるほどの(笑)人気店なのです。

店は午前10時の開店。すでにお客様の列がありました。店内はカウンターのみ10席足らずですが、毎日その席が埋まります。店主は市内かの有名な黒田屋で店長をしてたこともあり、アレンジはそこと似ていますが、ちょっと違いがあるようです。

画像は辛いスープのラーメン。新鮮な白髪ネギが食欲をそそります。赤いスープを一口すすると、やはり見た目通り辛くてこってりなのですが、ついつい飲み過ぎてしまうほどの味。そのスープに合わせる麺は極太ストレート。まさにスープとの絡みと相性はピッタリなのです。小麦の味がしっかり感じられて食べ応えが大きく、噛んで良し、すすって良し。

この2年間アレの影響もあり、いろんな飲食店等が苦しんでいる中、ここは別物でした。もう一度食べたくなるラーメンいしやま屋、その人気の理由がわかりました。

 

カテゴリー:ブログ

某日夕方、家族より一足先に夕飯を食べようと、ご飯ジャーを開けてみたら、なんと!ご飯がないw さぁどうしよう?。。。おお!麺類があるじゃないか!(笑) と早速こしらえた自社販売の伊勢うどん。

うどんをパッケージから出し、沸騰したお湯でボイルすること2~3分。麺が自然にほぐれるのを待つ。というのも、もともと伊勢うどんは麺自体が柔らかくて、無理にほぐそうとすると麺線が切れてしまうのだ。短い麺というのは何とも美味しくない。ここが一番のコツなのである。

茹だったらしっかりお湯を切り、器に入れたら備え付けのタレをかける。トッピングは刻みネギと卵黄のみ。そこに唐辛子をかければ出来上がりだ。うわふわモチモチのうどんは普通のうどんとは全くジャンルが違う。だからこそ好みが大きく2つに分かれるのだが、そこが個性があって私は大好き!

問答無用 一度お試しあれ!

カテゴリー:ブログ

2021年もあと一ヶ月半ほど。今年も新型コロナに振り回された年でしたが、日本ではほんの少しだけ灯りが見えてきたような気もします。しかし地球規模でみると、まだまだ油断できない状況が続いています。世界が少しでも良い方向に向くよう2022年に期待したいものですね。

で!我が社の事務所の入り口のポスターが11月より変わりました。冬の定番「味噌煮込みうどん」です。 愛知県産小麦粉を主体に、北海道産小麦粉をブレンド。拘りの練りと熟成で麺線へと切り出しました。滑らかさとモチモチ感、そして力強さのバランスの良さが特徴です。

備え付けのスープは、無添加の八丁味噌を使い、化学調味料も不使用。弊社特製オリジナルの物となっています。トロっとコクがあるのに決してしつこくなく、子供さんでもササ~っと食べられますよ。だけど熱々だけは注意してね(笑)

みうらや製麺、2022年に向けて、ますます頑張ります。食べてよかった~と皆様に喜ばれるよう精進してまいりますので、今後ともどうか宜しくお願いいたします。

カテゴリー:ブログ

地元渥美半島に免々田川(めめだがわ)があります。毎年2月には川沿い両岸の河津桜が満開となり、一足早い春を楽しみにたくさんの見物客で賑わいます。

先日、地元の渥美ロータリークラブの会員さんたちが両岸の草刈りだけではなく、中洲の葦までも綺麗に刈ってくださいました。来春の「桜まつり」に向けての準備です。以前はこの小道も人が歩けるようなものではなかったのですが、近年地元民の憩いの場所となっています。

夏の間、ウォーキングをやめていたのですが、半年ぶりに川沿いを歩いてみました。土の地面を踏みしめるっていいもんですね~子供の頃は当たり前だったのですが、改めてそう思いました。この日は残暑が気になったのですが、木陰に入ると空気は爽やかだし、水鳥も水面に戻り、ススキやセイタカアワダチソウも目立ち、季節の移り変わりを感じました。渥美半島っていいなぁ~

そろそろ年末の年越し蕎麦のことを考えなくては!(笑)

カテゴリー:ブログ

ボクは麺類の中でも蕎麦が一番好きです。暑い時期も寒い時期も一年を通していつも「ざるそば」ばかり。茹でたあと冷たい水で冷やした蕎麦はグッと引き締まって何とも食感が良いし、香りも直に感じられます。

画像は名古屋市吹上にある「つづら」という蕎麦屋の天ざる。画像を拡大して見るだけで、この蕎麦の食感や旨さがわかるほど。良い仕事をしていますね~。ここの客層を見ると高級車に乗ってくる人がやたら多く、と思えば一般のリーマンさんもいます。幅広い客層を取れるところが、ここの強みなんですね。もう一度食べてみたい蕎麦です。

蕎麦は手打ちがベストではなく、十割がベストでもないとボク個人は思っています。機械打ちの蕎麦を出している有名で美味しい店は多くあります。例えば東京神田の藪蕎麦さんもそう。つまり食べる人の好みの違いなんですよね。たまに自分の口、舌が世の中の基準だ!と勘違いしている人が(ボクの周りに)います(笑)

美味しい物を作るってことは大変難しいことだと、改めて思います。毎日が勉強と努力ですね^^

カテゴリー:ブログ

2017年、インディアナ州プリンストンからバスでケンタッキー州ジョージタウンに移動。いろんな人たちとの出会いがありました。

いちばん左の画像は、ジョージタウンの市長さん。市長室にお邪魔した際、フレンドリーに写真を撮ってくださいました。市長室の椅子に座らせてもらったり、とってもユーモアがある人。

左から2つ目の画像は、市役所を訪問した際、疲れ果てて床に座り込んだとき、その状況を悟ってくれたのか、一緒に床に座ってくれた、同行していたリンダさん。明るく優しい女性です。

左から3つ目の画像は、クラフトビール会社の社長さん。以前、田原市に住んでたことがあったことから、それがきっかけで見学させて頂きました。髭が豪快(笑)

4つ目の画像は、先のリンダさんの旦那さんです。まさにカーネルおじさんみたいですよね?ケンタッキー州だけに(笑)

最後の画像は、この旅で通訳をして頂いたケリーさんです。ケンタッキーといえば競馬が有名。一緒にサラブレッドを見学させてもらいました。

みなさん元気でいるだろうか?いてほしい! いつの日か、またthe USAに行って会いたい人たちです。

カテゴリー:ブログ

4年前、アメリカ合衆国インディアナ州プリンストンに国際交流の一員として行ったときの画像を引っ張り出してみました。新型コロナの影響で海外へ行くことが難しくなっている昨今、昔の想い出を振り返ることしかできません。あ~ いつになったらまた行けるんだろう!?

左から、デルタ航空のCAさん。搭乗しているときは一生懸命動き回っていて表情にも余裕がなかったように見えたのですが、降りる際には笑顔で2ショットに応じてくれました。仕事とはいえ本当にお疲れ様でした。

左から2番目、デトロイトの空港から国内線に乗り換えの際、搭乗前にチケットを確認する仕事をしてた女性。忙しい最中これまた笑顔で応じてくれました。ナイスめがね!

左から3番目、プリンストン市の消防署を訪問した際、消防車の前で署長さんとの2ショット。ハワイの消防車は黄色なのですが、ここは赤色です。色は国で統一してないのですね。いい笑顔!

左から4番目、プリンストン市の高校を訪問した際、一緒に同行していた地元の新聞社カメラマンです。白い歯とナイスドレッドが印象的。

最後の画像は、プリンストン市の警察署長さんです。年齢は当時30代半ば。ってことは将来有望な人なんですね。今頃はFBIかも?(笑)

海外はもちろん、国内旅行もままなりません。コロナ騒動が落ち着くまで、まずは感染しないことが先決です。元の社会が戻る日までもう少し我慢しましょう!

 

カテゴリー:ブログ

ハワイの友人Jacksonくん。友人といっても息子くらい歳の差がありますが(笑)

彼は地元ハワイの音楽大学を卒業したのち、あのジェイク・シマブクロのスタッフ(PA)として働いていましたが、今や彼の横に立つ正式なベーシストとして活躍しています。ジェイク・シマブクロといえば、ウクレレひとつで世界ツアーができるほどの超有名ミュージシャン。諦めず、夢に向かって努力すればそれが叶うのですね。

よかったね~Jackson。ボクもまだ夢の途中だから(笑)君を見習って頑張るよ!

Go To Top