ブログblog

カテゴリー:ブログ

さてさて、もう1つローカルネタを! 田原市は福江町のショッピングセンターレイ内にある、みよしや。主に洋食を得意としている地元では超老舗です。

画像はトンテキです。トマトケチャップをベースにしたソースは甘味と酸味が上手く調和された昔ながらのもの。それと何といっても肉が柔らかい。肉が厚いにもかかわらず内側までしっかり熱が通っており、肉自体からにじみ出てくる肉汁が、もうたまらん!この店を代表するメニューなのです。

先に紹介したように、ここは歴史があり、昭和44年に現在の場所へ移転してきたのですが、それまでは古くから下地町にありました。昭和初め生まれの初代から数えて現在3代目。うちの長男と小学校からの同級生が頑張って洋食(フレンチも含む)に力を入れています。

又、洋食だけではなくラーメンもカツ丼もあり、昔ながらの食堂でもありながら、店内は座敷ばかり!そのアンバランスさが庶民に受けているのかもしれません。もちろんボクも含めて(笑)

ここもやっぱり「継続は力なり!」ですね。

カテゴリー:ブログ

超ローカルネタを1つ。地元田原市福江町にある、喫茶アイヴィー館。ボクの記憶だともう40年は活躍している喫茶店です。

ここの何がいいのかというと、ランチメニューです。この日ボクが食べたのはオムレツセット。見ただけでわかるトロ味のある卵。それにかけるデミグラスソースも自家製で美味しいのです。

ノスタルジックで落ち着く雰囲気がここの特徴かな。店の名のアイヴィーは元々ご主人さんが岡山の出身なので、倉敷にあるアイヴィースクウェアから名前をとったのだと思われます。店の外観はツタこそないものの、渋いレンガ造りで重みが感じられます。店内ではテーブルはもちろん、カウンターもあるのでお一人様でもOK。コーヒーも丁寧に出していますよ。

近年大規模チェーン店等に押され、気軽に入れる個人経営の喫茶店が少なくなっている中、40年以上も営業をしているアイヴィー館。長く続けられる理由が店内にたくさんありました。こういう喫茶店をこれからも大事にしていきたいものですね。

継続は力なり!

 

カテゴリー:ブログ

地元田原市で大人気の和食レストランなごみの郷に行ってきました。ここの前を通るといつも駐車場は満杯。時には外までお客が並んでいます。気にならないわけがありませんよね。

ここはビレッジフーズの直営店で、その他にも三河の郷、牛タンのたん繁、焼き肉のじゅうじゅう屋などがあります。又かつさとはFCで全国展開をしており、とにかくここの太田社長は地元ではすごい経営者の一人なのです。

この日ボクたちが食べたのは、左から鍋焼きうどん、ざるうどんと寿司のセット、かつ丼とうどんのセットです。ご覧のとおり、どれも見た目が丁寧に仕上げてありますよね。味はちろんのこと、店内は綺麗で清潔感があり、店員さんの対応もよしだし、値段もリーズナブル。何といっても、ここのすごいところは、いくらお客が並んで待っていても、一旦テーブルにつきオーダーするとすぐに品物が出てくるところなのです。これには感心しっぱなし。流行る理由はいくらでもあります。

太田社長とはボク自身も友人なのですが、同じ経営者として足元にも及びません。でも勉強させられるところはたくさんあります。ここの料理を食べるたび、食事を味わう前に経営の仕方などを見ながらになってしまうのはボクだけでしょうか?(笑)

カテゴリー:ブログ

みなさん、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。つたないブログですが、引き続きマイペースに食べ歩きたいと思っておりますので本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて2018年一発目のお店は!・・・西尾市下羽角町にある、手打ちうどんの店、我流です。地元はもちろん、遠方からのファンも多く、とにかく評判が良いのです。ボクが行ったのは当然昨年のことですが、以前から特に行ってみたかった店のNo1なのです。

時は平日の午後1時半頃、普通ならもうお客の数も落ち着く時間です。しかし入店してみたら、なななんと!ボクたち2人が座ったらもういっぱいの状態。ギリギリ待たなくてよかった^^

店内はカウンターだけで、うどん屋としては珍しくて面白い!その内側でスタッフが、うどんを茹で、天ぷらを揚げています。そう!注文をもらってからの茹でたて、揚げたてなのです。

この日ボクは、ざるうどんイカ天付きを注文。まぁ毎度ざるうどんしか食べませんけどね(笑)でも冷たいうどんがいちばん出来具合の善し悪しがわかるのです。

画像からもわかるように、とても丁寧な仕事をしています。細目に切られたうどんは100%手打ち。国産小麦粉ではないものの表面にはツヤがあり、ツルツルの舌触り。やや柔らか目に茹で上げられた麺線は、しなやかさの中にもコシがある。ボク好みのうどんです。

又ここの面白いところは、そのメニューにあります。オーソドックスに、きしめんもあれば、イタリアンのペペロンチーノ風にソースをからめたうどんもあります。他の店にはないメニューが揃っているのも、ここの強みなんだと思いました。

カウンターの内側で働くスタッフが若者ばかりで、みんな楽しそうに動きまわっています。いちばん感心したのは客層です。そのほとんどが若者。たまにボクのようなおじさんもいますがね(笑)

我流が多くの客に支持される理由がボクにはよ~く解りました。旨いうどんを食べたい人はもちろんのこと、これから飲食店をやりたい人がいたら、又参考にしたい人がいたら、是非ここを訪れてみてください。その理由は行った人にしか解りませんよ。

カテゴリー:ブログ

2017年もいよいよ大詰め。他人の蕎麦ネタばかり上げてはいられません(笑)ご多分にもれず弊社でも年越し蕎麦の生産で大忙しの時期に入ってます。

生蕎麦を始め、ゆで蕎麦、鴨だしカップ蕎麦、アルミ鍋煮込み蕎麦等々ラインナップが勢ぞろい。年の瀬のこの時期、のんびりと年を越したことがありませんが、我が子のように作り上げた品物が嫁いで行くのを見ると来年に向けての元気が出ますね!もう少し頑張ろうっと^^

カテゴリー:ブログ

年末なので、ネタはやっぱり蕎麦ですよね(笑)

豊橋周辺には丁寧な手打ち蕎麦を提供している店はそんなに多くはありません。その中でも超拘っている、手打ち蕎麦やまにを紹介します。以前は普通の食堂だったと思いますが、数年前に手打ち蕎麦専門となったようです。

飯村町なのか?岩屋町なのか?はっきりしませんが、おそらく住所は飯村町だと思います。国道1号線を浜松へ向かう途中ちょこっと左へ入った辺りにあります。

時は平日午前11時。またまた おじさん一人で入店。いかにも怪しい(笑)実はここ、以前にも数回来ています。仕事の付き合いもあり、親しい友人でもある人の親戚なのです。この店の拘りというのは、普通の店は製粉会社から蕎麦粉を購入するのですが、ここは蕎麦の実を自家で製粉し、それから蕎麦を打って客に提供しています。これは面倒な作業なのですが、挽きたての蕎麦粉は新鮮なので香りも強く残るからです。

画像にもありますが、この日の蕎麦は北海道幌加内産の表示がされていました。補足ですが、その隣には豊橋産と書いてありましたが、地元の蕎麦粉も使ってるとはビックリです。その他メニューも豊富。

ボクの注文する蕎麦は年中ざるそば(もりそば)です。値段はたしか・・・800円くらいだったと思いますが、忘れました(笑)画像は+300円の大盛りです。貴重な蕎麦粉ともあって、大盛りでもボクにとっては少し足らないくらい。出来具合はというと、もちろん良い仕事をしています。蕎麦の実の中心付近を使った粉で比較的白っぽい麺線は、長さもまぁまぁあり、食感もしっかりとした歯ごたえでした。

手打ち蕎麦は、見るだでその美味しさが分かりますよね。ボクにはこんな良い仕事はできませんので、これからもひたすら蕎麦を食べることに専念したいと思っています(笑)

カテゴリー:ブログ

まだまだ蕎麦ネタはありますが、もう1つ!東京は神田にある、越前そば御清水庵です。先日上京した際、友人に連れていってもらいました。

午前11時、開店一番に入店しました。中は小じんまりとした落ち着いた雰囲気で、テーブルのすぐ横の窓からは神田川が見えるというシチュエーション。あのかぐや姫の歌にもある ♪窓の外には神田川~♪ なかなか歌とは違いましたが(笑)趣はあります。

手打ち蕎麦ということで、画像の通り。やや太目に切られた麺線は手打ちにしては綺麗過ぎるほど。蕎麦の実の外側を多く使用した粉で丁寧に打たれています。この中太の蕎麦に合わす汁は、まさに越前そばの代名詞ともいえる大根のおろし汁です。けっこうな辛さ!いや、それが中太の蕎麦と合うんだなぁ。

普通のざるそばのように、猪口に蕎麦をつけて食べるもよし、又汁を蕎麦にぶっかけて豪快に食べるもよしです。さすが神田の良い場所で商売をやってるだけあって丁寧な仕事は見事ですね。もちろん味もバッチリですよ!

それと、画像上の部分にカツが見えますよね。越前名物ソースかつ丼です。小さいサイズがお腹の隙具合をちょうどよく埋めてくれるんですよね。ソースかつ丼、ド旨い!

さすが東京の真ん中で長く商売をしているだけあって、なかなかのもんでした。ボクもまだまだ勉強ですm(_ _)m

カテゴリー:ブログ

豊川市八幡にある手打ち蕎麦の玄子(くろこ)に行ってきました。以前にも数回食べたことがあるのですが、今回は改めて1人です。

平日の午後1時半頃入店したのですが、すでに名前を書いて待っているお客がたくさんいました。そう!この辺りではかなりの人気店なのです。どうしようかと迷いましたが、せっかくここまで来たのだからと名前を記入。待つこと、それでも約30分。やっと席が空きました。いつものように盛りそばを注文。ボクは夏冬問わず、冷たい蕎麦なのです。

1人待つこと約10分。目の前に大盛りの蕎麦が登場。すでに蕎麦の香りがするではありませんか!この時期使用している蕎麦粉は長野県高山産らしく (飛騨高山ではありません) 見た目は蕎麦殻も含む、やや黒っぽいもの。細目に切られた麺線は見ただけで旨いと分かります。

まずは汁をつけずに一口。蕎麦をすすると予想通り、香りが鼻を通り抜けます。新鮮な証拠ですね。食感は?というと、硬さが際立ち、程よいザラザラ感があり、ボク好み。汁は一般向けする、辛さが7割、甘さが3割ってとこかな?まぁ上手に仕上げてあり、又無難な味のバランスですね。

いつも言うことですが、味の評価は十人十色です。いい仕事をしているか、そうでないかの方が大問題。ここはもちろんイイ仕事をしています。だからボクは何度も食べに行くし、何といってもお客の数がその証拠です。

蕎麦を食べたあと店から出ると、「蕎麦はどうでしたか?」と変なおじさんから声をかけられた。歳の頃なら70くらい。よくよく話し込んでみると、何とここのご主人ではないか!立ったまま、またまた蕎麦談義が始まってしまった。 結局、蕎麦は奥が深いですね~でその場が終了。

しかし、その研究熱心さに刺激をもらった一瞬だった。最後に記念の2ショット(笑)

カテゴリー:ブログ

先々回ご紹介した、そば一口(豊橋市浜道町)にまたまた行ってきました。というのもこの店、月の1日~10日までは、うどんだけ。11日~月末までは蕎麦のみという営業法。変わった店なのです(笑)

完全な手打ちうどんなので見た通り、麺自体がツヤツヤで、いかにもコシが強そうに見えます。普通の人は見ただけではわからないかもしれませんが、ボクには見ただけで、どういうコシか?どんな食感なのか?がある程度わかるのです。

予想通りの強いコシ!又しなやかさがあります。そして長さも良い。ただ切り方がやや不揃いなのが残念かな。なぜ切り方の不揃いが残念なのか?同じ茹で時間内に揚げると太い麺は硬く、細い麺は柔らかく茹ってしまい、変な食感を与えることになるからです。しかし総合的に旨いうどんだと思います。

又このうどんは、愛知県産小麦の「きぬあかり」だけで打っているそうです。この小麦粉は、やや力が弱いのですが、その反面上品なしなやかさがあり、そして表面がツルツルするのが特徴です。

弊社も「きぬあかり」を気に入って使っています。他社に負けないようにもっと良い麺を作らなきゃ!と、気合いを入れ直させてもらった一口のうどんでした。

カテゴリー:ブログ

豊橋市東脇町にある、らぁ麺 幸跳に行ってきました。最近とても好評判のラーメン屋さんです。

営業時間がわりと短めともあり、開店まもなくの午前11時半頃入店しました。こじんまりとした店内にはお客がすでに2人ほど。ボクは一人カウンターに付きました。実はこの店、最近地元ケーブルTVで紹介されていたのです。

画像は注文した 煮干しラーメン。その名の通り、スープは煮干しだけから取った無化調のもの。見た目ちょっとえぐさが伝わってきた。でも無化調ながら、しっかりとした味。ただ煮干しの濃さと香り、それと塩分が気になりましたけどね。まぁそれはボクの年齢のせいかな(笑)

麺は、無着色の中太ストレート。どうも自家製麺らしい。濃い味のスープに合わせるために、しっかりとしたコシと国産小麦独特のモチモチした食感は大したもので、旨い!総合的に美味しい麺だと思います。

ただ値段は900円。食べたいか、そうでないかは、あなた次第です!(笑)

Go To Top