ブログblog

カテゴリー:ブログ

アメリカ珍道中、セルフィー第3段です。

画像左は、プリンストン市商工会関係の女性職員さんです。昭和生まれのオヤジにとって金髪美女はたまりませんな(*≧m≦*)ププッ

画像右は、プリンストン市の消防署長です。おそらく年齢は40代半ばですが、とっても気さくな人でした。因みに火事発生の際、消防署の2階から鉄の棒を伝って素早く下へ滑り降りる様子を見たことありますよね?ボクがソレをやらせてくれと頼んだら気軽に応じてくれました(笑)

みんな笑顔がステキですね。

カテゴリー:ブログ

あまり見たくはないと思いますが(笑)無理矢理 載せております USA 2ショットセルフィー。

画像左はプリンストン市の警察署長です。なんと35歳!今までの署長の中で最年少なのだそうです。大出世ですね。とってもフレンドリー。

画像右はボクらが泊まったホテルのレストランのウェイトレスさんです。アメリカ人のサービスはあまり良くないと思っていたのですが、イヤイヤとっても気が利く女性でした。笑顔がステキ^^

 

カテゴリー:ブログ

アメリカ人はフレンドリーです。写真を撮るとき皆さん最高の笑顔をしてくれます。

画像左はデルタ航空のCAさんです。機内では眉間にシワを寄せながら必死で仕事をしていましたが、飛行機を降りるときは照れながらも笑顔で2ショットに応じてくれました。

画像右はデトロイト空港から国内便に乗り継ぎの際、搭乗前チケットのチェックをしていた女性です。一人一人に笑顔で How are you?と陽気に声をかけていました。仕事中にも関わらずこの笑顔(笑)最高!

 

カテゴリー:ブログ

一週間ぶりの投稿になります。サボっていたのではなく、実はUSAに行ってました。NPO法人田原国際交流協会の活動です。

地元、田原市はアメリカのインディアナ州プリンストン、ケンタッキー州ジョージタウンと姉妹提携を結んでいます。その行事の一環で田原市長と共にいろんな場所を訪問させてもらいました。

プリンストンの市役所、警察署、消防署、商工会、高校、TOYOTA工場。ジョージタウンの市役所、大学等です。ちなみに下段の画像は地元の高校を訪問した際、新聞の一面に大きく記載されたものです。

で次回より、今回のアメリカ訪問で仲良くなった人とのツーショット・セルフィーをご紹介していきたいと思っております(笑)

 

カテゴリー:ブログ

食べ歩きばかりしてると、そのうちコレステロール値が上がってきます(笑)なので少しばかり休憩。ボクお気に入りの風景をお楽しみください^^

カテゴリー:ブログ

もう そろそろ蕎麦ネタを止めないと!でも、蕎麦ネタはまだまだあるんですけどね(笑)

ボクは麺類の中で蕎麦がいちばん好きなのですが、パスタも外せませんね。その中でも豊川市正岡町にある、あんかけパスタのぺぱーとを紹介します。正岡町といってもピンときませんよね?コロナとかK’S電気がある辺りです。広い通りから1本裏手に入ったところに、ぺぱーとはあります。

角に位置するので駐車場も入りやすく、停めやすくもなっています。時は某日夕方。店内は綺麗で、しかも広い。時間帯のせいか、お客はまだ閑散とした状態。注文を取りにきた中年の男性。この人がまたビックリするくらい応対が丁寧!それだけでもうお気に入りです(笑)サービス業の人は一度行ってみて見習うべきだと思いますよ!

先にも言ったように、ここはあんかけパスタが得意。。。なのかな?メニューもそのようになっていましたが、もちろん普通のイタリアン風もありますよ。ボクらが注文したのは・・・・・名前は忘れちゃいましたが(笑)とにかく旨い。見てのとおり仕事は丁寧で出来上がりも綺麗ですよね。

又マルゲリータはチーズが違うのか、あっさりして食べやすく生地はやや厚めのアメリカン風です。なお生地の厚め、薄目は好みなので悪しからず。ピザにしてもパスタにしてもホント丁寧に仕上げてあります。

旨いか、そうでないかは、いろんな要因が重なります。ぺぱーとは、駐車場が広くて入りやすく、出やすい。店内は広くて綺麗。店員さんの応対は良い。価格もリーズナブルなのです。味の評価は十人十色ですが、サービス業に関連する方は一度行って見ると、いろんな面で勉強になると思いますよ。

カテゴリー:ブログ

さらに蕎麦ネタは続きます(笑)

豊橋市内、以前ヨーカドーだった前辺りかな?ビックリドンキーの裏手に手打ち蕎麦の福むらはあります。大通りから一歩入った立地条件にも関わらず、昔からの知る人ぞ知る人気店なのです。

昼間も営業しているのですが、午後から一旦休み時間に入り、午後5時から再開。ボクは夕方入りました。以前からもう何度も来ているので、注文したのはいつものようにざるそばです。

見てのとおり、全体的にはイイ仕事をしています。蕎麦の色は更科粉と挽きぐるみのちょうど中間かな?白くもなく、黒過ぎることもない蕎麦。割合はたぶん二八か三七だと思われます。汁を漬けずに食べればそれは判ります。

細目に切られた麺線は結構長め。つまり切り方も上手というわけなのです。一昔前はたしか短い麺もちょこちょこ入ってたような記憶があります。麺類全般に言えることなのですが、短い麺は最低!やっぱり日本の麺は長いのがイイ。それを一気にズズズ~っとすするのが旨いんですよね。これは断言できます!

そうだ!蕎麦の食感の感想ですが(笑)まず程よい硬さはOK。麺の長さもOK.。細さ(太さ)は全体的に揃っておりOK。これぞTHE手打ち!といったところです。ここで豆知識!麺線が太い細いが揃ってないのが手打ちらしくて良いと思われてはいませんか?いやいや大間違い。麺線の細さが揃ってないと茹でた際、麺に硬い、柔らかいが出ます。それはダメ!やっぱり同じように茹ってるのがベストなのですね。

汁ですが、蕎麦粉の多い麺に合わせた、甘さを抑え気味のもの。毎回ここで書くのですが、これは鉄則です。

店は大通りから一歩入った裏手に位置するのですが、本当に旨い蕎麦を求めている人は細い道をどこまでも入ってでも食べたい。福むらはそんな店なのです。

 

 

カテゴリー:ブログ

まだまだ続きますよ!蕎麦シリーズ。

豊橋市は東岩田かな?丁寧に手打ち蕎麦を出している、そば藤さんです。場所の詳細は何とも言えないので、あとはネットで調べてください(笑)

ボクが入店したのは平日の夜8時頃。普通こんな時間に蕎麦屋さんにお客がいるなんて思ってみませんでしたが、いえいえ ここはまだお客さんで溢れかえっていたのです。

注文したのは、この店お薦めの更級と挽きぐるみのコンビ。ここで言っておきたいのは、更級粉(さらしな)とは蕎麦の実の皮や甘皮、そして実の外側をゴッソリ取り除いて引いた、つまり実の真ん中だけを取り出した蕎麦粉のこと。見た目は白っぽく見えます。挽きぐるみとは、蕎麦の実を全て使って引いた粉のこと。見た目は黒っぽく見えます。

どちらが、どう良いとは言えませんが、更級粉はほんのり甘く上品な味がします。そば藤の更級蕎麦は見ただけで丁寧な仕事をしていることがわかるので、まず塩をつけて蕎麦を食べます。それ用の塩があらかじめ付いていることろが意気ですね、予想どおりの味でした。

その後、挽きぐるみの蕎麦は塩は付けずに汁で頂きました。もし蕎麦だけを食すと、やや渋い味がするのが特徴です。どちらも良い仕事をしてるので、もちろん旨いのですが、ただ汁は一般向けする甘目のものでした。

平日夜にもかかわらず、お客(たぶん常連)がいるってことは美味しいし、イイ仕事をしてるって証拠ですよね。どんな職業にしても、イイ仕事だけはやらないとダメってことを再認識させられた、そば藤さんでした。

カテゴリー:ブログ

蕎麦シリーズ まだまだ続きますよ!

豊橋は汐田橋の交差点から小池町に抜ける道の途中にある、手打ち蕎麦の高むら。市内にある蕎麦の名店の一つだとボクは思ってます。

ボクがお邪魔したのは、ある日曜日の午後3時ごろ。さすがの高むらでもその時間でのお客さんはまばらでした。ここは手打ち蕎麦を丁寧に打っています。うどんも手打ちなのかな?ボクはうどんはあまり食べないので(笑)ああ~そうだ!数限定で生粉打ち蕎麦もやってるんでした。つまり蕎麦粉だけで打った十割蕎麦のことです。因みにボクは食べたことありませんが。

どこに行ってもいつものように、ざるそばを注文します。&サクラエビのかき揚げ付き。細目の蕎麦はボク好み。程よい硬さと麺線のザラザラ感を覚えながら喉をすんなり蕎麦が駆け抜けます。一口食べれば、この店がどれだけ丁寧に蕎麦を打っているかがわかります。これマジ!

ただ、8割蕎麦なのに汁は一般向けの甘目かな。ボクの持論 → 蕎麦粉の割合が多いものは、あまりカツオダシを利かさないで甘目にせず、醤油辛さを強調したのがベター。

実は甘目の汁は庶民向けなんですよね。商売として成立させるには数を出さなければなりません。売り上げを考えたら、たくさんの人に食べてもらうこと。なので汁は少し甘目にしなければならないんですよね。

ああだ、こうだと講釈を並べましたが(笑)やっぱり高むらはイイ仕事してるお店でした。勉強勉強!

カテゴリー:ブログ

蕎麦シリーズ 第2段です。豊橋は藤沢町かな?つい先日までヨーカドーがあったすぐ横あたりに、そばとろ屋はあります。前を通るたびに多くのお客が入っているのをみると、どうしても気になってしまいますよね。その要因を今回探ってきました。

ボクが入店したのは、ある日の日曜午後3時近かったかなぁ。そんな時間でもまだお客がいっぱいでした。主に家族やグループが多かったかな。

店内は全て靴を脱いで上にあがる方式です。蕎麦屋なので和を基調とした造りになっており一旦テーブルにつけば、より落ち着くことができます。

ボクは、かき揚げ付きのさるそばを注文。いつものことですが年中冷たい蕎麦なのです。蕎麦自体は、やや太目の恐らく機械打ちです。まぁ機械打ちだから美味しくないということはありませんけどね(笑)お盆の上に乗るセットものなので見た目は綺麗。これはサスガです!

さぁ、まずは一口いつものように汁をつけずに食べます。予想通り機械打ちではなく、蕎麦粉の割合も低いと思われるため、香りもそれほどものではありません。でも蕎麦の食感は程よい硬さがあり、まぁまぁかな。ボクは細い蕎麦が好きなので、高評価はできませんでした。

汁は一般受けする、やや甘さが目立つもの。だれでも普通に美味しいと感じると思います。かき揚げの見た目は良いのですが、衣がやや硬くてサクサク感が足りません。天ぷらはやっぱりサクサク感は大事ですよね。

今回ボクの評価は厳し目ですが、それでもお客がたくさん入るお店としては高評価しなくちゃね。店内は広くて綺麗だし店員さんの応対はしっかりできています。メニューはセットものが多く、アレンジも面白くなっています。デザートも充実してて女性には受けると思いますね。

豊橋周辺には、まだまだ良い蕎麦を出しているお店があります。またご紹介していきたいと思います。

Go To Top