ブログblog

カテゴリー:食べ歩き

先日、名古屋へ雑用があった際(のちにご紹介しますが)名古屋駅構内にあるラーメン街へ寄ってきました。ラーメン屋ばかり7店舗が入っていて、どことなく昭和の古き良き時代を感じさせる薄暗い路地がまたイイんです!

実はボク、以前からよくここへ足を運び調査しながら(笑)食べてたんですが、6店はすでに入ったのに、ここ「東京らーめん えいふく町」だけはまだだったのです。とんこつ醤油ラーメンがお薦めのこの店。それを食べないわけにはいきません(笑)

薄茶色のとんこつスープは見て想像したとおりでございます^^ 一般的なラーメンなのですが、そう!しっかりとした濃厚なのです。コク、奥行きがあるスープは中太ちぢれ麺(18番くらいだろうか)とマッチして一体感がそのまま口に入ってくる感じ。さすがです!

駅の構内という、人間がたくさん行き来する場所・・・だけの理由ではなく、やはり美味しいラーメンが食べたくて、わざわざ行くお店でした。 勉強勉強(^^)

カテゴリー:食べ歩き

毎年この時期、地元の中学校から生徒が職場体験にやってきます。今年は8日~13日まで4人受け持つことになり、その1コマを撮ってみました。

正直、子供がにわかに出来る仕事はなかなかないのですが、学校のため、生徒のために無理矢理仕事をつくります(笑)

まずは朝の配達へ一人ずつ連れて行き、お店へ入ったとき相手に対する挨拶を厳しく教えます。学校の中でも家庭の中でもまずは挨拶は基本、ゼッタイに欠かせませんもんね。

午後からは女子には事務仕事、袋のシール貼り等、男子には麺を入れる木箱を拭いてもらったり、少しだけですが工場に関わらせます。みんな文句も言わず素直に動いてくれるから有り難い(笑)バイト代もいらんしね(*≧m≦*)ププッ

学生とは、社会へ出るまでの助走だとボクは考えます。陸上競技でいうと、走り幅跳び、走り高跳びと同じ。学生のうちに充分な助走をとらないと社会へ出たとき、より高く、より遠くに跳ぶことはできません。

鈴木くん、高橋くん、山本さん、川口さん、一週間ご苦労様でした。ホントにありがとね~ 学生のうちにしっかり助走とって、より高く遠くに跳んでくれることを期待します。そうでないと、おじさんみたいになっちゃうぞ(笑)

カテゴリー:食べ歩き

うわ~~ 大きな伊勢エビ! 見るからにマイウ~ですw 

ここは伊良湖の食事処みなみ。伊良湖にたくさんある飲食店の中でも特に評判の高いお店です。この日、うちのお客様を連れて一緒に食事に行ったってわけです。それにしても何とも豪華~ 食べる前に必死の思いで写真を撮りました(笑)

伊勢エビの造りは、この上ない贅沢ですがお客様のために奮発しちゃいました^^; さっきまで生きてたものが目の前に出てくるのは心苦しく複雑な気持ちですが、食べた瞬間それを一瞬にして忘れてしまほど上品な甘さ、歯ごたえは、さすがエビの王様。もう~たまらんです!

それだけではなく、今回いちばんのお薦めは右の画像「大アサリ丼」なのです。これは田原市観光協会が推進している渥美半島どんぶり街道のメニューの1つ。この企画には半島の多くの飲食店が関わっており各お店で丼メニューが違うのです。

特に評判の良い、みなみさんの大アサリ丼は絶品です。難しい理屈は無用!ここでボクがあれこれ言うより、一度伊良湖へ食べに行ってみてはいかがかな?景色の良い伊良湖で美味しい丼を頂いたらダブルで楽しめること間違いなし!

評判の良いお店は、それなりの理由があるのです(^^)

カテゴリー:食べ歩き

ニーハオ! 旧渥美地区、古田にある王府あつみ店のご紹介です。ここは庶民的な中華料理を食べさせてくれるお店で、しかも本場中国の料理人さんが調理してくれるのです。

仕事の終わりが遅くなったとき、従業員と一緒に時々来店します。気軽に入れるので服装はいつも作業着のまま(笑) 中国美人の優しそうな奥さんをはじめ、すべて中国人スタッフが出迎えてくれます。この日も数人で訪れ、200種類近くあるメニューの中からたくさん注文しちゃいました。

ボクのお薦めは、自分が好きなこともあって辛系のラーメンです。左の画像は坦々麺。スープは濃厚に見えますが意外とあっさりしてて、にも関わらずゴマの風味、辛味はしっかりしています。そのスープに絡む麺は多加水中太ストレート。舌触りがよく、強じんなコシが特徴の麺が辛味スープに合う合う!

真中の画像は、ボク一押しの辛ねぎラーメンです。坦々麺の辛さとは全く違い、ラー油の辛さが際立つまさに強者好みのラーメン。豚骨と鶏ガラをバランスよくとったスープに細く丁寧に切った白髪ねぎは愛称バツグン!辛いのに箸が進むのは、旨みが勝ってる証拠ですね。

デザートに(笑)・・・えびチリw プリプリの中型えびはチリソースがよく絡まっていくらでも食べられます。「もう一皿」と言いたいところでしたが、恥ずかしかったのでやめました^^;

調理人の周さん、いつも美味しい本場の中華料理をありがとうございます。これからもボクの胃を楽しませてやってくださいね~ ハオツィー!

カテゴリー:食べ歩き

「煮かけ蕎麦」 家でつくってみました。昔からこの地域で食べられている、いわゆるソールフード。ちょっと聞き慣れませんが、豊橋から渥美半島にかけて「煮かけ」という言葉は当たり前に使われています。

各家庭で具財は少々異なりますが、主に人参、里芋、きのこ類、鶏肉(又は豚肉)、ちくわ、油揚げ等々です。醤油ベースの汁がこれらの具財に染み込み、素朴で懐かしい味を出します。蕎麦はこの地域独特の平打ち麺、これがまた合うんだよなぁww

渥美半島、特に旧渥美地区の人にとっては、なくてはならない冬の一品。まさに、おふくろの味なのです(^^)

カテゴリー:食べ歩き

今年も行ってまいりました!みなとみらいパシフィコ横浜で開かれたラーメン産業展2010です。豊橋を朝8時43分発のひかりに乗れば、なんと1時間程度で新横浜駅に到着。思えば中学の修学旅行で乗った専用電車は東京まで4時間以上もかかったのに、すごい時代ですね。

会場に入る前に新横浜からJR横浜線で先に町田へ行きました。どうしても入りたい某有名ラーメン屋さんがあったからです。そこでラーメンを食べる時間も考えて早く家を出たのですが、なんと・・・休み。実は去年もラーメン産業展に合わせて町田まで足を延ばしたのに休みだったのです。その店は不定休なのですが、それにしても2年連続で振られたのはショック(笑) でも、いつか必ずご紹介したいと思います。

広い展示会場ではいつも外側から渦巻き状に各ブースを見て回わることにしていますが、今年はすぐさま吉原食糧の社長にお会いすることができました。半年ぶりの再会に社長との会話もはずみ、いろんな勉強をさせて頂きました。特に今年は新商品「さぬきの夢2009」が一押しとのこと。「さぬきの夢2000」でも充分な粉なのに、それ以上に期待できそうです。楽しみだ~(^^) 展示会の度に講演をしてらっしゃる社長は初日ともあってまだまだ元気がありましたが残りの2日間大丈夫だったかなぁ~社長お疲れ様でしたm(_ _)m

今年も会場には超有名ラーメン屋5店が出店していました。初代けいすけ、せたが屋、麺香房天照、めん徳二代目つじ田、ラーメン凪。今年のテーマは新作オリジナル麺ということでどこの店も一段と気合が入っていたように感じました。

小僧の食べた初代けいすけの、つけ麺。名古屋のきしめんの形状をした麺はインパクトがあり、その麺を超濃厚な魚介ベースの付ダレでいただきます。ボクが食べたのはラーメン凪のしょうゆ味。鶏ガラをベースにした透き通ったスープは一見さっぱり味かと思いきや鶏油が表面に浮いて口にまとわりつく。麺はおそらく国産小麦粉を無着色で普通に練った生地を太く切り出したストレートです。                           この2店に限ってですが、新作発表ということで麺もスープもひねり過ぎたように思えます。ひねり過ぎでかえってマイナスというか、ボクら食べる側の口が肥えてきてるのかも知れません。偉そうなこと言って申し訳ありませんが素直な感想です。

これは決して他人事ではなく自分への戒めでもあるのです。自分の座右の銘「初心忘るべからず」を再認識させられました。

今回の感想はマジメかw

カテゴリー:食べ歩き

近年、大きくチェーン展開をしている「来来亭」。 この辺りでは豊橋の小池と豊川の2店舗があります。もうすでに両方とも何回か訪れてるのですが、画像を撮るまでに至らなかったためアップができませんでしたが、やっとの思いで登場です(笑)

ボクが食べたのは、わんたん麺。普通の醤油味なのですが、単純に旨いのです!麺は博多風の低下水細打ちストーレト。この麺に合った醤油スープには豚の背油がふんだんに乗っています。ちょっとこだわったお店では、スープを半日~一日かけてとり、しかも量は充分ではないから売り切れ御免とかよく聞きますが、ここは誰でも比較的簡単にとれるスープに豚背油を入れるだけなので一般受けする味に加え、量も充分確保できるというわけ。やり方としては非常に手段の上手さを感じますね。さすがです!

この店の感心する点は、まず店員の教育がしっかりとされていること。その店員のやる気を向上させるべくマニュアルの完成度は、さすが100店舗を超えるチェーンです。

カテゴリー:食べ歩き

10月も半ば、すっかり秋めいてまいりました。人も温もりを求める季節になってきたというのにボクは相も変わらず、ざる蕎麦ばかり食べています(笑)

豊橋は入舟町にある「めん処 高むら」のざるそばです。この日、朝から豊橋へ仕事の話で行き、思いもよらず早く済んでしまったのでww一人で入ったってわけです。ここは、車の通りもあまり激しくない比較的細い道沿いにありますが、隠れた麺通の店といってもいいところ。

まずは、いつものように、ざるそばです。ここも桜海老のかき揚げが名物で、先に紹介した「鐘庵」のかき揚げに劣らない逸品。画像でもおわかりのようにキメの細かい衣で揚げられています。蕎麦自体は割合は二八、細切りで仕上げられているだけあって喉越しがよく蕎麦をすすったあと、その香りがふんだんに鼻を通り抜けます。

いちばん右の画像は、いつものように得意の2杯目(笑)生粉打ちせいろです。蕎麦粉100%だけあって先のより香りが増してきます。蕎麦粉だけでは麺線になりにくいのに、ここはしっかりと長い麺線になってるとこはさすがですね。やはり細切りなので喉越しがよく、たとえ2杯目でも次から次へと箸が進むのです。ただ一つ、これは好みの違いなんですが、生蕎麦を打つ際もっと加水を高くすれば茹でたとき、もっとしなやかで透明感のある麺ができるのになぁと感じました。そう感じつつ何度も足を運んでしまう素晴らしいお店なのですが(笑)

職人の一人として偉そうなこと言って申し訳ありませんm(_ _)m でも、高むらさんは職人気質のイイ仕事してますよ! 毎度ご馳走様です~

カテゴリー:食べ歩き

綺麗な天ぷらでしょ!これは「鐘庵」の、さくらエビのかき揚げです。この辺りには豊橋の下地、瀬上の交差点付近と浜道沿いの2店があります。

以前から、ここの蕎麦・・・いや、さくらエビのかき揚げが好きで時々寄るんです。何で蕎麦じゃないのかって?まぁ細かいことは気にせずに(笑)とにかく、このかき揚げは素晴らしいですよ。静岡から直送のさくらエビを使用してるそうです。

見ての通り、キメの細かい衣がサクサクという食感を与えてくれ、さくらエビの香ばしさがふんだんに香ってくるのです。これをアルバイトが揚げているから驚きです。ボクも、かつては天ぷらを揚げるプロでしたが、天ぷらは難しい!揚げる条件がいつものように揃っていても、揚げる本人の心境、心理状態が違ってたら、いつもと違う天ぷらになってしまいます。それをアルバイトが揚げてるってのは、よほどマニュアルがしっかりしてるんでしょうね~感心です^^

蕎麦、うどんを差し置いて、さくらエビのかき揚げを紹介するとはボクは不届き物ですね(笑)でも、これこそ百聞は一食に如かず!いい仕事してますわ。

カテゴリー:食べ歩き

ボクはいつも美味しいものを食べ歩いてるわけではありません。仕事もしてますよ・・・たま~にね(笑)

以前、TVで食品サンプル選手権を放送してるのを見ました。食べ物屋さんへいくとお店の入り口にあるショーケースに本物ではないんだろうか!と見間違えるほどのサンプル、みなさんも見ますよね。そうそうアレなのです!その食品サンプルを作る大会で全国2連覇した人を訪れました。 http://www.idea-sample.jp/

そこは地元、愛知県は日進市にある「さんぷる屋さんアイディア」。前もってアポイントをとり、いろんなお話、そしてサンプルつくりを体験させて頂きました。この日、うちの仕事の依頼を兼ねてお邪魔したってわけです。ご主人の竹内繁春さんはとっても明るく気さくな人。本来なら料金をとってサンプルつくり体験をさせてもらうところ、なんと!特別サービスということで甘えちゃいましたww

ボクらが作ったのはパフェです。竹内さんの指導の下、あれよあれよという間にものの5分ほどで完成・・・と聞くと簡単そうに思えますが、これがけっこう手が震えて大変(笑)緊張の連続でした。出来映えは、まるで本物ソックリで、ちょうどお腹が減ってたのでマジ食べそうになったw

竹内さんは未だにTV出演が年間十数回あるそうで、工房内には、明石家さんま、島田伸助、ロンブー、坂東英二、その他有名タレントと一緒に映ってる写真がところ狭しとたくさん貼ってありました。さすがですね~~

うちの依頼した品物の出来上がりが楽しみです!竹内さんも奥さんもとっても明るく気さくで親切な人でした。お二人さん、その節はどうもありがとうございました(^^)

Go To Top