ブログblog

カテゴリー:食べ歩き

70年代、80年代と売れに売れ、今もなお活躍中のホール&オーツのライブを観に名古屋へ行ってきました。数年前に一度観たことはあるのですが今回はやや規模の小さいライブハウス Zepp Nagoya ということで広いコンサート会場とは違い、目の前で見るとができました。

ホール&オーツといえば「プライベートアイズ」「リッチガール」が有名。まあボクはその2曲しか知りませんが(笑)

全盛期の84年には、かの有名な We  are  the World にも参加したユニットでもあります。あれから25年以上経っているのですが現代の曲にも引けをとらない、イヤそれ以上の名曲ですね。この曲を聴くと自然に歌いたくなるボクです^^;

ライブの内容は言うまでもなく盛り上がり、会場の観客と一体になるほどエンターテイメントはさすが!歌声もかつての声量を保ち、本物のプロを観たって感じです。

ボクも自分の商売でお客様にエンターテイメントを提供せんといかんなぁ~とつくづく感じさせられたライブでした(^^)

カテゴリー:食べ歩き

豊橋は野依にあるJAあぐりパーク食彩村です。地元農家さんたちが毎朝野菜や花、果物等を持ちよって並べたものを売ってます。その他、食品もたくさんの品揃え。その中に我が社の商品も売られているのでありますw

ここは豊橋市郊外にあるためアクセス的にも都合がよく周辺の市町村からお客さんが、たくさんやってきます。特に土日は一日約1800人も入るそうです。だって野菜は新鮮で、しかも安い!農家さん直送ですもんね~

道の駅ではないものの、道の駅のような存在。そこの従業員さんたち、特に女性はみんな元気で明るく活気に満ち溢れています。そこがミソかもw とっても魅力のある商品、又売り方がユニーク、それを証明してくれるのはお客さんの数ですよね。こういうのを参考に渥美半島の先っぽでも魅力ある売り場が欲しいものです。

頑張れ伊良湖!

カテゴリー:食べ歩き

大府市に本店のある「らーめん晴レル屋」です。ご存知、愛知県内では超有名店。最近、豊橋駅ビルにオープンしたお店へさっそく行ってきました。

大府市は県内なのですが、何となく行くにくい・・・いやボクがそう思っとるだけかも知れん(笑)普段、名鉄ばかり乗ってるのでJRは馴染みが薄いのです。そこへ豊橋店ができたのは好都合でした。

ボクが入ったのは夕方6時ごろ。カウンターのみ9席の店。入った時ちょうど1席空いててセーフ!その後どんどんお客が入って来るのですが外で並び待ち。ボク←運がいいw 

食べたのは、この店いちばんの普通麺w だって券売機にそう書いてありましたもん(笑)見てのとおり、うどんのような超を越える超太麺!トッピングは茹でもやしとチャーシューだけのシンプルさ。スープは一目見たらわかるほど豚骨こってり系・・・いや、系はいらんかなw こってりスープです(言い切り)それに豚の背油がふんだんにかかってるのが見えるでしょうか?ボクがこれまでに食べたこってりラーメンの中でも5本の指に入るほど。

一口すすると・・・いや、この太麺はすするというより口にかき込んでモグモグするという感じです。でもそれがこってりスープに合うのです!基本、太麺にはこってりスープが適してるのですが、まさにバッチリ。流行る理由がわかったような気がします。ボクのとなりの若者は大盛りのドンブリを抱え最後の一滴まで飲み干してました・・・すっごw 年齢が年齢のボクはスープは残しましたが(笑)

売れるものには理由がある!のですが、ここのラーメンは味がいいのはもちろんですが、それ以上にインパクトが強いのが若者に受け入れられてるようです。インパクトか~ 勉強勉強ですねm(_ _)m

カテゴリー:食べ歩き

以前、B級グルメツアーをしたときご紹介した丸亀製麺です。先月豊橋イトーヨーカドーの隣にオープンした新店舗。さっそく行ってきました。

午後5時のゴールデンタイムでお客がいっぱい。もともと車の往来が激しい通りなだけに良い場所を選んだものです。さすが丸亀製麺!

先回行ったとき季節はわりと暖かい時期だったので冷たいうどんを食べたのですが、今回はさすがに釜揚げうどんにしました。画像は相変わらずヘタですがw(毎度ピンボケ)でもボクは上手になろうとはしない撮り具合(笑)

いつものように茹でたてのうどんをカウンターでもらい、まるで風呂桶のような器・・・丸亀さんスミマセンm(_ _)m (笑) それを自分でテーブルに運んで食べます。器は風呂桶でもwお湯は風呂のお湯ではありません(笑)でもうどんの味は人気通り。国産小麦だけで打った讃岐製法。角のハッキリした麺線は強いコシがたまらんです!まぁボクにでも造れますが(負け犬の遠吠えかw)

旨い、安い、お手軽、早い、しかも茹でたてが売り物の丸亀製麺。もっともっと店舗を増やしていくことと思います。そんな中、うちも食われないように(笑)特徴を生かした麺を造りつづけていかないと創業昭和元年が泣いてしまいます(^^; 

初代、佐四郎さんに誓った瞬間でした(笑)

カテゴリー:食べ歩き

どこかで見たことのあるような?(笑)そうですw風来坊の手羽先です!名古屋といえば手羽先。今でこそたくさんの有名店がありますが、もともとはここが元祖だと言われてます。

これも戴き物なのですが、さすが名物!甘辛く、ピリっと胡椒が効き、表面についたゴマがアクセントとなり、いくつでも食べれちゃう(^^)それでもって冷めても美味しいときてる。たい焼きでもたこ焼きでも冷めると一味落ちてしまいますが、これは冷めてもそれなりのいい味なんだなぁ~

お決まりのフレーズ・・・売れるものには理由がある!長年に渡り、第一線で手羽先を売り続けてる風来坊。うちにもそんな商品が欲しい。改めて勉強をさせてもらいましたm(_ _)m 

カテゴリー:食べ歩き

まあ なんと地味・・・イヤ派手なw自動車!ご存知豊橋下地にある一期家一笑さんが新しく購入した営業車です。

年明け、アッというまに一ヶ月が経ちましたが、世の中まだまだ不景気風が吹く中、この一期家一笑さんだけは元気のようです(笑) 自称、超ローカルスーパーが売り文句なんですが、とんでもない!ここの社長さんも息子さんも明るく前向き、奇抜な商法、それに目立ちたがり屋?(笑)でもそれくらいしなきゃ本当の意味での超ローカルにはなれません・・・うちも含めてねw

この明るく前向きな営業法が周辺のお客様を引き寄せてるように思えます。とにかく店内を見て歩いても飽きのこないのが不思議。そこに魅力があるのだと思います。ローカルならローカルなりのやり方、うちもそれを見習おうと思いました(^^)v 

今年もたくさん勉強させていただきます、大西洋さん!

カテゴリー:食べ歩き

年明け早々、お得意様へのご挨拶がてら豊橋駅ビルのカルミア1階にある三河開化亭を偵察(笑)してきました。豊橋東岩田、豊川、ナゴヤドーム前、新瑞橋イオンモールと全5店舗を展開するチェーン店の、ここはいちばん新しいお店なのです。

他の店は殆ど食べているのですが、ここは売り方がちょっと違うと聞いて早速寄ったわけです。三河開化亭といえば豚骨こってりスープのイメージなのですが、つけ麺メニューが充実したお店となっていました。客層も老若男女と幅広く気軽に入れるようです。

その中でもボクが食べたのはオーソドックスな温かいラーメン「まぐろダシとんこつしょうゆラーメン」です。名前長w 一見ここ特有の油の浮いたこってりスープなのですが、ところがどっこい飲んでみると、ちゃんとマグロのダシが効いたあっさり目なのです。

見てのとおり画像上には海苔に乗ったマグロの粉末が見えますが、それをスープに溶かすと、ますます魚介系の香りが増します。麺はこの店自慢であろう博多風の細打ちストレート。もちろんバリ硬です。なのにスープがよう乗ってきますわ・・・まいう~~

トッピングがまたいい!ボク好みの太メンマは歯ごたえがええし、煮卵、ナルトはラーメンの最高の友ですね。それにチャーシューは炙りときてる。一手間加えるだけで香ばしさが鼻を通り抜け、満足感が増すのです。

さすが三河開化亭です。丁寧でええ仕事してますわ!この調子だと、ますます店舗が増えていくこと間違いないでしょう。たった一杯のラーメンでたくさんの勉強をさせてもらったこの日のボクでした(^^) 

カテゴリー:食べ歩き

東京スイーツ ガトーフェスタ ハラダのラスクです!ラスクラスクといえども、ただのラスクではありません。都内でも何十分も並ばないと買えない代物。画像はボクが並んで買ったものではありませんww 頂きものなのですが(笑)

左の画像は一般的なラスクなのですが、フランスをイメージさせるようなパッケージがまたオシャレ(^^)食感、甘さ、どれをとっても上品そのもの!硬すぎず柔らかすぎずのサクサク感がたまりません。

右はホワイトチョコがコーティングしてあるバージョンです。食感は同じはずなのですが滑らかなホワイトチョコがラスクそのものの味を大きく引き立て、これが同じラスクか~?と疑うほど愛称バツグン!なのです。

さすが東京でロングヒットしているスイーツ。いつも思うのですが、売れるものには理由がある!ボクの創作意欲を掻き立てる逸品でした。いや~参ったm(_ _)m

カテゴリー:食べ歩き

道の駅田原めっくんハウスの中、ホントに入り口にある「いか焼き工房」さんの名物「いか焼き」です!

あらかじめ味付けされた生のイカを鉄板の上に置き、上蓋を押し当ててジュワ~っと焼き上げます。乾燥した煎餅とは違い、生の柔らかな食感が残り、イカそのものの味がして、食べだすとやめられない止まらない、まさにカッパえびせんを超えるほどの美味しさなのです。

大人から子供まで楽しめる、おやつ「いか焼き」。お店の奥には黒いシックなテーブルが2つ、テイクアウトしなくても、そこでユックリとお茶を飲みながら時間を楽しめる空間があります。他にも、たこ焼き、だんご等ファストフード的な美味しいものがたくさんあり、中でも焼きそばはボクのお気に入り(^^)そこで食べてもよしテイクアウトしてもよし。

売れるものには理由がある!いか焼き工房さんの「いか焼き」を田原名物として、これからもっともっと広めて欲しいものです。んんん~~~まいう!

カテゴリー:食べ歩き

年明け、とっても良い日が続いております。極端に寒くもなく仕事をするには動きやすいですね(ボクだけ?w) みなさんは年明け、いかがお過ごしでしょうか?良い年になるといいですね(^^)

新年早々(元日)うちの婿さんと2人で幸楽苑の蒲郡店へいってきました。幸楽苑といえば290円ラーメンを売りに全国展開をしている立派なチェーンです。元日夕方ともあって家族連れが多くとても賑やかでした。

ボクが注文したのは画像左「辛ネギ醤油ラーメン」、そして婿さんは「辛ネギ味噌ラーメン」です。まずビックリしたのは餃子6個1皿で、なななんと・・・180円(税別)w 290円ラーメンは知ってたのですが、餃子の価格にはビックラこいちまっただw 

ラーメンはといえば・・・麺は20番程度の中太ちぢれ麺。ここは多加水熟成麺を売りにしてるのですが、はいお待ちどうさま~と目の前にきたときから茹ですぎ感があり、ちょっと残念でした。正月の忙しい時期だからというわけではなく、以前お邪魔したときも同じ茹で加減だったのです。

トッピングの辛ネギも煮たまごも美味しいのに、それらを浮かべるスープはややアッサリ系。欲をいえばもう少しコッテリした方がここの麺に合うのではないかと感じました。まぁボクの好み感で申し上げてるのですがね(笑)

しかしながら、普段からお客数が多いのは紛れもない事実。特に食べ物は好みの違いが大きいのでボクが何を言おうと幸楽苑には魅力があるのだと思います。その繁盛している魅力を見習って自分の商売に繋げることができたらいいのですがね^^;

今年もますます勉強ですわ!

Go To Top