ブログblog

カテゴリー:食べ歩き

トニーローマ2トニーローマ3トニーローマ4

トニーローマ1トニーローマ5

しばらくハワイ珍道中ですm(_ _)m

オアフ島のワイキキといえば世界的にも有名な観光地です。特にカラカウアAveは、いろんなお店が立ち並んで夜遅くまで賑やかな通り。今回の旅で昼間は視察、研修等でクタクタなので夕食だけはしっかり食べたいということで訪れた、ステーキで有名なトニー・ローマ。カラカウアAveのほぼ西の端に位置します。

この日、現地の親しい友人H氏も誘い、彼の仕事が終わる時間を見計らって待ち合わせたあと入店したのが7:15PM。すでに店内はほぼ満席でした。辺りを見回しても日本人はあまりおらず、周りでは英語の会話が飛び交う、まさに外国ムード漂うアメリカンな店。そのローカル感がたまらんイイ~!(笑)

画像は3人がそれぞれオーダーした品物。見た目はやはり大雑把で日本の料理とは程遠いのですが、食べてみると意外というかメチャ旨い!ただ、もうちょっと綺麗に盛り付ければいいのにね(笑)

画像真中はボクが注文したステーキ、リブポーク(ハーフサイズ)&シュリンプです。特にリブポークは味は濃いものの肉は柔らかくて食べやすく、いくらでもお腹へ入るって感じ。それを知っていて現地の友人H氏が注文したリブポーク(フルサイズ)は画像左。これはマジ一押し!食べなきゃ損ですよ。

画像右のベイクドポテト&サワークリーム乗せは、これぞアメリカン料理。大雑把なのですが普通のジャガイモが美味しく感じる一品です(笑)

店内は終始賑やか?がやがやムード?活気がある?まぁそんな感じで(笑)それでも店員さんは写真撮りも気軽に応じてくれてサービスも行き届き、とても良い店だと思います。

ワイキキにはもっと美味しいステーキハウスはあるのですが値段はそれなりです。リーズナブルでサービスも良くフランクなトニー・ローマはもう一度行ってみたくなる、そんな素敵なレストランでした。

 

カテゴリー:食べ歩き

DSC00315DSC00310DSC00313DSC00325

Aloha~~! 今回は本物のアロハです(笑)豊橋から一気にワイキキまで飛びましたですよ。

このたび、ちょっと理由あってワイハまで出張。ハッピーバレーを経営する斉藤さんの薦めもあって夕飯にと立ち寄ったワイキキのアロハテーブルです。

まだ爽やかな風が吹く薄暮のカラカウアAveをちょこっと避け、ワイキキショッピングプラザの裏道沿いに、そこはあります。うっかりしていると見過ごしてしまいそうなのですが決して派手ではない、その佇まいがまたイイのです。

階段を上り2Fがフロアになっています。店内はテーブルがゆったりと5~6、あと外のテラス席が5と、ハワイにありがちなレイアウト。ボクらは迷いもなくテラス席へ。なんてたって空気が爽やかな席で食べないと損ですもんね(笑)田舎者~

そこで注文した、ロコモコ、ガーリックシュリンプ。ハワイの料理とあればこの2品は必須ですよね。特にロコモコは目玉焼きの下にコーベビーフ100%のハンバーグが何と!2つも隠れていてメッチャ贅沢。問題のグレイビーソースは豊橋店よりまろやかさは少し足りないものの、その分ややスパイシーさが感じられコーベビーフとベストマッチ。しかもボリュームもアメリカンサイズ、これだけでも満足間違いなしの一品です。

定番中の定番ガーリックシュリンプは、味がしっかりしていてエビの食感もぷりぷり。又エビ特有の臭みが全くないのは、おそらくハワイではエビの養殖が盛んなので冷凍する必要もなく、新鮮な生のエビがいつでも手に入るからなのだと思います。しかも今まで食べた中でベストでした。

もうすでにお腹はいっぱいのはずなのに、ハワイの雰囲気に駆られてオックステールフォーまで注文(笑)ベトナムの国民的料理フォーはハワイ風にアレンジされて近年ボクの大好物。同じ麺類という意味では勉強になりますもんね。

完全に食べ過ぎた~~後悔先に立たず。どうしてもハワイの雰囲気に負けてしまいます。でもその後ホテルまで歩いて帰ったらもう胃に隙間ができていました(⌒▽⌒)アハハ!         Mahalo~~!

 

 

カテゴリー:食べ歩き

画像データ2画像データ3画像データ5

画像データ4画像データ1

Aloha~! ありましたよ~ありましたよ~ わざわざハワイまで行かなくてもアロハを感じられる処が!豊橋駅前ホテル・アークリッシュ周辺にあるアロハテーブルです。

ある日曜日の午後、忙しいピークもやや落ち着いた時間にお邪魔しました。天気も良い日とあって、敢えて外のテラス席へ座り、注文したロコモコとアサイーボールです。

ボクは本場ハワイでも、いろんなロコモコを食べたことがあります。ロコモコはグレイビーソースが一番の決め手なのですが、ここのはまろやかで嫌味のない味。これまで食べた中でいちばんボク好みでした。ソースに隠れるハンバーグもおそらく冷凍物ではなく手作りだと思われ、評価が一層上がりましたよ。

ハワイとあればアサイーボールもオーダーから外せません。見た目はオーソドックスですが甘さ控えめで丁寧に仕上げてあります。普段あまりスイーツは食べないのですが完食でした(笑)コーヒーカップもalohaの文字がステキですよね。

店長の辻くんも物腰の低い爽やかな青年です。帰りに一緒に写真を撮りましょうと誘われて撮ったもの。いい記念です(笑)

店内はハワイの雰囲気満載で、木製のサーフボードやセピア色のハワイの写真が壁にあり、天井にはファンが回る、まるで本場にいる錯覚さえします。ハワイが恋しくなったらまた行ってみよう! mahalo~~

カテゴリー:食べ歩き

たん繁4たん繁2たん繁3たん繁1

この3月豊橋ステーションビル内に新規オープンした、牛タン料理たん繁に行ってみました。ここは田原市を拠点とし、いろんな飲食店を全国展開する今すごく勢いのある某会社が経営しています。

牛タンといえば、焼肉屋へ行かなきゃ食べられないというイメージがあるのですが、しかもペンペラの薄~いヤツ(笑)ところが、たん繁の牛タンはブ厚いのです。

注文した定食には麦ごはんにトロロ、汁物としてテールスープが付いており、ご飯は食べ放題となっていているのですが、さすがにボクはお代わりはしないだろうと思っていると、トロロってやつはクセ者で、ご飯がスルスルと喉を通ってしまい、お代わりをしちゃったのです(笑)マジ食べすぎた^^;

ところで、メインのブ厚い牛タンはというと、ステーキでいえばミディアムレアほどの焼き具合でタンの歯ごたえと肉の味のバランスが絶妙!どんどん箸が進むのでした。

又ボクは酒は飲みませんが、ここは日本酒の名酒がたくさん揃っており、日本酒好きな人にとってはたまらんですよ。

たん繁、さすがに今勢いのある太田社長が展開する飲食店でした。上手に商売をされています。太田社長~~約束通り、牛タン食べて来ましたよ~!

 

カテゴリー:食べ歩き

P1020290P1020292

世間はGW真っ只中。ボクは何処へも遊びに行けません・・・ううううう。

ちょっと前、おふくろが寿司を作ってくれました。この時期ならではのアサリの押し寿司は旧渥美町に昔から伝わる、まさにソールフード。茹でたあと一つ一つ丁寧に身を取り、改めて味付けして炊いたもの。三河湾産の高価なアサリを惜しげもなく使います。

口に入れた瞬間、50年前にタイムスリップするような感覚になる、ボクにとってはそれほど懐かしいものなのです。

ついでの生サーモン、マグロも旨かった。おふくろ、ありがとう!

カテゴリー:食べ歩き

P1020296P1020297

いよいよ世間はゴールデンウィークに突入です。しかし年中無休のボクには、そんなの関係ねぇ~そんなの関係ねぇ~古い(*≧m≦*)ププッ

駐車場の片隅に咲いた鉢植えの花。毎年4月になると濃い朱色の花を見事に咲かせるのですが、名も知らず。寒い冬の間は緑の葉っぱだけなのにねぇ。それにしても綺麗なのです。

年が明けると、水仙、梅、桜、藤、つつじ、菖蒲など綺麗な花を見ることができます。改めて思うのです・・・日本の四季っていいなぁ。

カテゴリー:食べ歩き

唐辛子1唐辛子4唐辛子2唐辛子7

いかにも辛そうな店名です!豊川市内にある韓国料理の店、唐辛子。ここの辛いラーメンが旨いと聞いたので、さっそく行ってみました。

豊川市内は詳しくないのでカーナビを駆使して何とか辿り着いたのが夜の8時。店内に入ってみると意外にも広くて、かなりのキャパがあります。大げさにいうと、ちょっとした迷路のような(笑)すでにボクの他にも家族連れ、会社の仲間等、まぁまぁの入りでした。

期待感を持って注文した辛いラーメンです。まずはスープを一口。唐辛子ベースに溶き卵が入って味はマイルド。まぁまぁ旨い。しかし食べてビックリしたのですが何と!麺が韓国冷麺?いや盛岡冷麺なのです。冷やして何ボの麺なのに、暖かいラーメンに?しかも麺が異常にダラダラなのです!見た目も綺麗じゃないし(笑)いや~まいった。お世辞にも美味しいとは言えませんが、それでも他の人たちに人気があれば、ボクの好みに合わなかっただけと言うしかありませんね^^; 「美味しい」という感想は、やっぱり人それぞれのようです。

少しだけフォローすれば、チヂミは普通に旨かったかな(笑)

 

 

カテゴリー:食べ歩き

松山閣6松山閣1松山閣2

松山閣3松山閣4松山閣5

行ってきましたよ!京都松山閣・・・と言っても本当の京都ではなく名古屋駅前ミッドランドスクウェア内にある店です。

ミッドランドスクウェアといえば、今や名古屋でいちばんイケてるビル。先日名古屋へ営業に行った際、たまには高級なところで落ち着いてランチをしようと知人が言うので、好奇心に駆られてついて行ってみたのです。

ビルの4Fがレストラン街になっていて、どの店を見ても超高級そう。松山閣は京都発祥ということもあり湯葉が名物のようで、じゃぁ湯葉を食べようとメニューの価格を見たら2500円~で、えええええ!マジかよw ということでボクらは余裕で(笑)いちばん下の2500円を注文(*≧m≦*)ププッ

しかしですね~出てきた御膳は、普通の天ぷら、普通のタケノコご飯、普通の湯葉、普通の茶豆腐、普通の刺身、普通の焼き魚、普通の味噌汁、普通のデザート・・・これで2500円か・・・もちろん不味くはないのですが、どれをとっても京都の雰囲気がイマイチの料理。ボクら貧乏人には残念ながら価値が解りませんでした。

しかし時は平日午後1時。店内はまぁまぁお客が入っているのです。やっぱり価値観の違いかなあと、持ち金と感性の乏しい自分を責めたのでした。もう行かんでええけど(笑)

それにしてもミッドランドスクウェア。どの店を見ても超高級。いったいどんな人種が何を買いにくるのか?と思ったこともあったのですが、以前ここが出来たばかりの頃、カミさんと2人で行ったことがありました。いや、あくまでも見学のつもりですよ(笑)あるイタリアンブティックに入った時、グレーのズボンを見つけたのです。ちょい悪おやじが穿くようなカッコイイやつ。もちろん買う気は全くありませんでしたが、見ているうちにだんだん欲しくなってきたのです。

遠く田舎から出てきたのだから記念に1本買っちゃおうかなという気になり価格を聞いてみたら、何と3万円(税別)・・・きゃあああああ!一ケタ間違ってるんじゃね~の?しかし、しかしですね~結果、買ってしまったのです。その決断を下すに要した時間は約30分。

結論:背伸びして買い物してはいけません。自分の身の丈に合った店、食べ物を購入しましょう(笑)

カテゴリー:食べ歩き

花花1花花2花花3花花4

花花5花花7花花8花花9

花花11花花13花花14花花16

ああああ~~たくさん食べた!

豊川市は国道151号線沿いにある沖縄料理の花花です。とある日の夕方に3人で入ったのですが、平日ともあって店内はわりと空いていました。なので次から次へと料理を注文。ホントはボクがソーキそばを食べたかったからなのです。

まずは、海ぶどう。普通これが沖縄から出ると新鮮さがなくなってしまうことが多いので、あまり期待をしていなかったのですが、これが何とド旨いではないか!ぷちぷちした食感は現地と同じようです。

その次はお決まりのゴーヤーチャンプル。これは言うまでもなく美味しさは鉄板。沖縄でいちばん有名な魚ぐるくんの唐揚げは味付けはもちろんのこと、クセのない身は硬すぎず柔らか過ぎずで食感がよく人気の理由がわかります。

あとは、スパムを硬く炙ったものや沖縄風チヂミ、アグー豚のタン焼き、何かの?チャンプル(笑)この中でもちょっと変わっていたのが沖縄風チヂミ。ちゃんとした名前があるのですが忘れちゃいましたw韓国チヂミはそれなりのタレで食べますが、これは普通のウスターソースで食べるのです。素朴ですハイ!

この日ボクがいちばん食べたかったソーキそば。いよいよメインディッシュが出てきました。まぁどうせ茹で置きの麺にスープもそれなりだろうと思っていたのですが、これが意外や意外!茹でたての麺に丁寧にとった豚骨ベースのスープ、隠し味に魚介の風味も見え隠れします。ラーメンでもなく、うどんでもなく、まぁ正確に分類するならラーメンなのですが、単刀直入に旨い!!旨いものをあれこれ講釈をたれることがありますが、旨いものは旨いのです(笑)

ホントは画像意外にも数点の料理を食べたのですが、食べ過ぎのためアップ中止(笑)沖縄の家庭料理を基本としたメニューは満足度充分。帰りにはシーサーが見送ってくれました。また行きたいと思った、花花に万歳です!

カテゴリー:食べ歩き

P1020285P1020286P1020282

この時期になると毎年のように頂きもののイチゴが届きます。地元で営業しているイチゴ狩り農園の終了が近いためなのですが、それにしても大量です(笑)

この日頂いたコンテナに入ったままのイチゴを、まずデザート用に取り分けます。そして残ったものをジャム用にするのですが、これがまた大変な作業でして。ヘタを切り取ったあと何時間もかけて鍋で煮詰めます。

長時間かけて母が作った手作りジャムの味は格別!家で食べる分は冷凍し、残りは関連の皆様に差し上げています。母がこの作業をすると、もう春本番なのです。

Go To Top