ブログblog

カテゴリー:食べ歩き

DSC00461DSC00462DSC00463DSC00464

先日、横浜へ寄っておきながらアップを忘れて1つ飛ばしてしまいました(笑) ハワイアンレストランHALENOHEAで食事を堪能したあと、隣にあるHONOLULU COFFEEで小休止。ハワイでも有名な店なのです。

バニアンツリー横のテーブルに陣取り、外はクソ暑いため時間たっぷりにユックリしました。店内は落ち着きのある雰囲気で、丸い看板もカッコイイ!コーヒーカップもイイ感じで、気分はハワイそのまま。

コーヒーはもちろんハワイ産コナコーヒーです。まぁどこで飲んでも味は同じなんですけどね(笑)でもハワイの雰囲気がその味を一段上げてくれるのでした。

横浜ハワイアンタウン。ここはいいぞ!

 

カテゴリー:食べ歩き

あんかけスパあん1あんかけスパあん2DSC00367

あんかけスパあん5あんかけスパあん4

いよいよ世間はお盆ウィーク。外出すれば道は車が多く、電車は人込みが目立ちます。うちの仕事もあと一週間が山。頑張ります!

横浜の次は名古屋。相も変わらず、あちこちを飛び回っておりますよ。名古屋メシ名物の一つ、あんかけスパ専門のお店へ行ってきました。ひょんなことから知り合いになったので名古屋へ行ったついでに、、、ついでと言ってもわざわざ行きましたです。はい!(笑)

地下鉄鶴舞駅2番出口から徒歩約5分のところに、あんかけスパあん はありました。午後5時半頃到着。夕方からのお客としてはボクが初めてのようで店を独り占め。こじんまりした店内は清潔感があり昭和の雰囲気を少しだけ残した感じ。まさにボク好みなのです。

さっそく、この店2番人気のピカタ、敢えてSサイズを注文しました。あんかけスパは太い麺、スパイシーなソースが最大の特徴ですが、ここのソースは一手間、二手間を加えてあるようでボク好みのスパイシーに仕上がっています。それに合わす極太麺は茹で置きでありながら、他の店にはないモチモチ感が強いのです。これには驚き!普通うどんや蕎麦は茹で置くと劣化が始まり、延びてしまい食感が落ちるのですが、あんかけスパの麺、特にここの麺においては良い食感があるのです。聞くと、どうも茹で方に秘密があるようでしたが詳しくは聞かせてもらえませんでした。ただ、この手のスパは茹でた後、麺同士がくっつかないように油をまぶすのですが、ここは敢えて油をまぶさないとのことでした。その方が麺の食感がよくなるとのこと。へえ いろんな方法があるもんだなぁ。これが拘りってものなんですねぇ。

ということで、2番人気を食べておきながら1番人気のミラネーゼを食べないわけにはいきません。それで敢えてSサイズにしていたのです。ピカタはスパイシーソースに負けないほど豚肉と焼き玉子の風味が効いていて旨い!ミラネーゼはキノコ、ベーコン、ウィンナー、タマネギ等がソースと絡み、トッピングとしては最高。1番人気の意味が解ります。又一口食べた後テーブルに置いてあるガーリックパウダーをかけると一層風味が増し、これまた味が変化して2杯目でありながらそれを忘れてしまうほど食欲が新たに出てくるのでした。

で、是非写真を撮らせてくださいとお願いをして撮ったものなのですが、目を瞑った瞬間で残念~ あんかけスパに対する情熱は人一倍の女性店主さん。味はもちろんですが、商品を丁寧に作る職人さんでもありました。m(_ _)m

カテゴリー:食べ歩き

DSC00452DSC00455DSC00456

DSC00458DSC00459DSC00460

ただ今夏真っ只中。8月に突入です。この時期になるといつも思うのですが、年末のことを考えると気が焦ります(笑)

東京ネタの次は横浜です。クソ暑い中、精力的に歩き回っていますが、横浜駅からみなとみらい線に乗り換えて、どこの駅か忘れましたが(笑)そこから歩いて数分の所にハワイアンタウンがあります。入り口には村長さんらしき人形が出迎えてくれハワイの雰囲気を一層盛り上げています。そこにはハワイ料理の店やショップがたくさん立ち並び、ハワイ好きのボクにとってまるでパラダイスのよう。気持ちが浮き浮きしてくるのでした。

その一角にあるハワイ料理の店、HALENOHEAは、屋内でありながらまるで外に設置してあるかのようなテラス席のみ。床は板の間で温かみがあり、広さもゆったりしているし、店員さんもアロハシャツを着てイイ感じだし、バニアンツリーも上手に演出されています。

レトロ感のあるカッコいいメニュー表からボクが注文したハワイを代表する料理、カルアピッグとガーリックシュリンプ&スパムむすびです。木製のプレートや盛り付け方がいかにもハワイっぽいのですが、やっぱり日本の方が丁寧に作ってありますよね。それほど現地の盛り付け方は大雑把なのです。

ガーリックシュリンプのサイズはやや小さいものの、繊細でありながらしっかりした味付けがされていて、皮のままガブリといけちゃいます。それ以上に、横に置かれているスパムむすびは今まで食べた中で間違いなくNo1。やはり日本人の作るものは旨いってことですよね。カルアピッグも同じように美味しかったですよ。値段もリーズナブルだし。

日本に居ながらハワイを味わえるハワイアンタウン。この他にもハワイの雰囲気を堪能してきましたが、それはまた後日(笑)

 

 

カテゴリー:食べ歩き

もちもちの木1もちもちの木2もちもちの木3もちもちの木5

最近の暑さで完全にバテていました~ 若い頃は暑さが好きで好きで、夏が好きで好きでたまらなかったのですが、年々暑さに弱くなっている気がします。それもそのはず、もう数年で還暦だもの(笑)

いやいや、そんな歳にも負けずに大阪の次は東京です。精力的に動きますよ!ビッグサイトで業界の展示会があり、それに参加したあと新大久保のラーメン屋へ向かいました。新大久保の駅を出ると、そこは東京にしてはノスタルジックな雰囲気が漂い、おまけに外国人も多く目立ち、日本であって日本でない感覚に陥ります。

ラーメン屋もちもちの樹は、知らずに歩いていると通り過ぎてしまいそうな、それも地下1Fへ降りていく階段の下にありました。店内へ入ると薄暗く、段差がある板の間が2フロア。これがもし飲み屋なら、しまった~!ぼったくりか~!と後悔してしまうような(笑)おそらく以前は本当の飲み屋で、そこを居抜きで入ったのでしょう。

評判を聞いてここまで来た問題のラーメンは魚介しょうゆ味です。麺は中太のストレート。一見スープが乗ってきそうなのですが、ところがご覧のとおり表面に浮く油が多すぎて麺からスープがズリ落ちる感じなのです。しかも中太麺なのに茹だり方が柔らかいときてる。正直良いとこ無しかな。まぁ言い方を優しくすれば、ボクの好みではなかったということですね。

でも、この後常連と思われる客が2組入って来て普通に食べている姿を見ました。ボクの舌の感覚がおかしいのか?ボクの負け犬として遠吠えなのだろうか?いや、やっぱりイマイチだと思う。味の評価に甘いボクにしては厳しい意見ですが、今後この店がどう発展していくのか、はたまた右肩下がりになっていくのか、見守っていきたくなる興味深い店となったのは言うまでもありません。

ラーメン激戦区で大丈夫かぁ?(余計な心配)(⌒▽⌒)アハハ!

 

カテゴリー:食べ歩き

DSC00401DSC00403

大阪ネタのついでに・・・仕事を済ませたあと、かなり気が楽になったので大阪の友人と一緒にブラブラ道頓堀商店街を歩いていると、なんばグランド花月の前に、あの明石家さんまが立っていました!そこで空かさず一緒に写真を撮らせて頂きました(笑)

カテゴリー:食べ歩き

博多新風ラーメン食堂5博多新風ラーメン食堂1博多新風ラーメン食堂2

博多新風ラーメン食堂3博多新風ラーメン食堂4博多新風ラーメン食堂6

たたた台風が近づいています!あああ慌てず対処してくださ~い!と、いうボクがいちばん慌てています。台風が怖いのではなく、こうしている間の停電が怖いのです(笑)

ちょっと前、営業で大阪へ行ってきました。行ったからにはラーメンのリサーチです。大阪駅ビル地下1階レストラン街の中にある博多新風ラーメン食堂は、たくさんある店の中でひときわ目立っていました。博多ラーメンの特徴といえば、まずスープは豚骨、麺は細いストレート。食べなれたラーメンといえども、ここのは旨かったですよ。

ちょうど昼だったので、どの店を覗いても満員なのですが、ここには運よく座ることができました。注文した一押しの黒豚骨ラーメンは、一見こってりしてそうなのですがスープの濃さがちょうどよく、複雑な味の中に食べやすいあっさり感があり、黒い焦がしネギ油の香ばしさが味をまた一層引き上げて、ボクが今まで食べてきた九州ラーメンの中でも上位かも。

そのスープに合わす麺は、博多ラーメン特有の茹で方がたくさんあります。一番硬い方から、粉落とし、針金、バリ硬、硬、普通、やわ、と6段階あります。粉落としに興味はあったものの、食欲を満たすという意味でも冒険はできないので(笑)ボクは硬を選びましたが、それでも充分に硬いのに果たして粉落としとはどんな食感なんだろ?う~ん次は冒険してみようか(笑)

とにかくスープと麺の相性もバツグンだし、トッピングも充実しいて旨いことには間違いありません。たくさんの強豪店が立ち並ぶこのフロアで一際目立つ理由が解りました!

最後の画像は、もう一杯食べた白豚骨ラーメンです(笑)

カテゴリー:食べ歩き

DSC00450DSC00442

季節は夏なのに肌寒い日が続いていましたが、ここ数日急に気温が上がってきました。体調管理が難しい時期ですが、ご多分に漏れず我が社も風邪引きさんがいるようです。皆さんも体調管理はしっかりしてくださいませ。

夏と言えば、大相撲は名古屋です。先日その名古屋場所を目前にした玉飛鳥関が我が家へ遊びに来てくれました。この日は、田原市の一日警察署長として各交差点に立ったり、いろんな施設を巡っていたそうです。

ちょうど昼休みだったので従業員、家族みんなで写真を撮らせてもらい、ついでにがっぷり四つまでやっちゃいました(笑)150kgという巨体はまるで岩のようで、まったく動きません。まぁボクもちょっと手を抜いてやったんですけどね(*≧m≦*)ププッ

とにかく礼儀正しく、愛想がよく、サービス精神旺盛です。年中無休の我が社、ボクにとって束の間の休息でした。ありがとう~玉飛鳥関。今場所、応援しとるでね~

カテゴリー:食べ歩き

上海湯小館1上海湯小館4上海湯小館5上海湯小館8

上海湯小館10上海湯小館11上海湯小館13

あああああ!っという間に7月に突入です。ということは、一年の半分が終了したってことです。時間が経つのがマジ早いなぁ。それだけ歳とったってことなんですよね(笑)

それじゃ歳をとる前に名古屋ネタをもう一つ!ここは名古屋駅前にある通称ミッドランドスクウェア、つまりトヨタビルの裏にある小龍包が旨い中華料理の店、上海湯小館です。

画像左上から、生春巻きで包んだサラダ、エビチリ、小龍包、塩ラーメン、もう一回小龍包、それからエビシュウマイ、デザートの杏仁豆腐です。この時ばかりと次から次へオーダー。大都会へなかなか来れない田舎者は欲張りなのです(笑)

生春巻きサラダは、まぁどこにでもある味、普通に旨い。エビチリは冷凍エビの臭さが少し気になったが味は普通。塩ラーメンはスープがあまりにも淡泊だし、麺が柔らかいしで首を傾げるがチャーシューに似た鳥肉だけはイイ。ただ小龍包は旨い!厚めの皮を破ると中から熱々の肉汁がジュルジュルと出てくる。これはたまらんですよ。それをレンゲに乗せてから黒酢醤油をかけて口の中へ運ぶ瞬間は贅沢の極み。一人で8個も食べちゃいました(笑)

エビシュウマイも旨い。やや厚くて透き通った皮はプリプリもちもち。蒸し具合もよく、中のエビもいい感じです。結局好評化は小龍包とエビシューマイだけかな。でも、この2種はまた食べに行こうと思っています。

店の雰囲気は、まぁまぁなんだけどなぁ~それだけじゃダメなんだよな。お人好しのボクでも、たまには厳しい意見も言いますよ。自分への戒めのために(笑)

 

カテゴリー:食べ歩き

DSC00422DSC00424DSC00425DSC00426

毎年この時期に開催されるクリエイターズマーケット。全国のクリエイターたちが集結するポートメッセ名古屋へ行ってきました。

この日、出店した東京の友人、吉田ナゴヤ氏から送られてきたチケットを片手にイザ入場~・・・と思いきや、チケットがない!あ~家に忘れてきた~(笑)仕方なく900円支払い場内へ。そこには数えきれないほどのブースが立ち並んでいました。

吉田ナゴヤ堂本舗代表、吉田ナゴヤ氏は独自のプリントTシャツやバッグを作って売っています。それもユニークな文字入りのものばかり。当然ボクもたくさん持ってますよ(笑)特にお気に入りは「なんかゆれてない?」Tシャツです。その文字のとおり、ちょっと揺れてぼやけて見えるのがポイント。以前このシャツを着て吉田氏と2人でハワイを歩き回ったことがあるのですが、すれ違うたびにクスクスとウケたことを思い出します。言い方を変えると笑われていたんですけどね(≧m≦)ぷっ!

数年前うちの会社にお得意さんのバイヤーと、そのお客様が来たとき「こう見えても仕事中」Tシャツを着て望んだら大ウケして商談が簡単にまとまったことがありました。硬い服装ばかりが成功の秘訣ではありませんねぇ(⌒▽⌒)アハハ!

日本人はとかく気合いだの、根性だのと100%の力を発揮すことが良いとされていますが、ほんの少しだけ遊び心を入れた方がベターだとボクは思っています。

これからも、ほんの少しだけ力を抜いた、いい加減な人生を歩まさせて頂くつもりです(笑)

カテゴリー:食べ歩き

からめ亭2からめ亭4からめ亭7からめ亭1

あんかけスパのブームが再燃しているような気がします。代表的な名古屋メシの一つです。まぁもっとも以前からファンはいるのですが、最近特に思うのです。

そこでさっそく名古屋へちょっとした用事で行った際、立ち寄った店からめ亭。実は芸人の友近の行きつけだそうで、TV番組内で紹介していたのをチェックしておいたのです。地下鉄桜通線の丸の内駅から徒歩約5分。ビルの一角にあるのですが、ちょっとわかりにくいかな(笑)

ボクが店内に入ったのが午後5時ごろ。お客はだれもいません。これはラッキー!さっそく注文した、ピカタのあんかけスパ。大好物です。予想通りスパイスの効いたソースが極太麺によ~く絡みます。かなりスパイシーで濃いので、それに負けない極太が必要なのです。独特な味なのですが、これがまたクセになるんだなぁ。

店の雰囲気もまぁまぁイイ。清潔感もあって気分よく食べられます。時間帯の関係だろうか、たった一人で切り回していたのがちょっと気になりますが、まさかスタッフは一人じゃないよなぁ(笑)

豊橋市にも、あんかけスパの旨い店は数々あります。最近また新たに出店されたようで、気になっているところ。近いうちまた行ってみよう。かなり個性の強いスパですが、この先ブームの行方が気になります。

恐るべし、名古屋メシ!

 

Go To Top